2017年03月08日

大阪天満宮「てんま天神梅まつり」いよいよフィナーレ
3月11日~12日 天満天神日本酒フェス 開催!
梅は見頃!酒も飲み頃!日本全国の日本酒100種類を飲み比べ!まぐろ奉納式も開催

大阪天満宮

大阪天満宮恒例「てんま天神梅まつり 盆梅と盆石展 2/11~3/12」の締めくくりの行事として、日本酒をテーマとする行事を開催します。日本全国から集められた日本酒を1杯100円~飲み比べできる酒好きにはたまらない内容です。境内に新設された櫓に並ぶ100種類の日本酒は圧巻。北は東北から、南は九州まで、小さな酒蔵がつくる美味しい日本酒を自分の舌で味わっていただけます。また「ご当地おでんコーナー」や「各地の物産が集まる うめ~もん市」も開催いたします。

てんま天神梅まつり 天満天神日本酒フェス 2017 
日本全国の日本酒100種類を飲み比べ

開催日時 3月11日(土)~12日(日) 10:00~16:00
会場 大阪天満宮 境内 特設会場
内容 日本全国の日本酒100種類を飲み比べ"1杯100円" から、全国の日本酒飲み比べができる

【出品予定】
陸奥八仙(青森)、楯野川(山形)、鳳凰美田(栃木)、山間(新潟)、亀の海(長野)、北島(滋賀)、寒紅海(三重)、紀土(和歌山)、獺祭(山口)、七田(佐賀)、鍋島(佐賀) 

ご当地おでんコーナー
大阪天満宮初 「まぐろ奉納式」 3月11日 午前10時より 本殿前にて
奉納後、10:30より まぐろを販売いたします(5カン 500円 予定/数量限定)
本殿西側特設会場にて

【出展予定】
昆布(南北海道)、たまみ・はるか柑橘(愛媛県)、生わかめしゃぶしゃぶ(徳島県)、加賀煎餅(石川県)、ぬれおかき(秋田県)、かるかん(鹿児島県)、岡山ひるぜん焼きそば、奈良県焼き栗、京都一丁焼き など

盆梅と盆石展 いよいよ 3月12日 最終日
境内の梅、見頃です
梅をこよなく愛した菅原道真公がまつられる大阪天満宮恒例の本行事もいよいよフィナーレ。樹齢200年をこえる盆梅を展示。書院造り、百畳敷きの参集殿で梅の花の香りが満ち溢れます。併せて天満宮の宝物より「天神画像」をはじめ、和歌山県みなべ町で出土する瓜渓石(うりだにいし)の盆石を展示。境内が梅の花一色に染まります。
深山幽谷などの山水景を思わせる瓜渓石の盆石を是非ご覧ください

料金 有料(チケット制)
※チケット(1枚100円)日本酒1杯100円から、おでんコーナーなどでも使用可能
価格 1000円(11枚)
盆梅展入場券付 セット券 1500円(11枚)
盆梅展入場券 500円

主催 天満天神日本酒フェス実行委員会
構成団体:大阪天満宮、天神橋筋商店連合会(1.2.3丁目)、天神橋筋四番街商店街振興組合

協力 NPO法人天神天満町街トラスト、一般社団法人全国寺社観光協会、大阪シティ信用金庫 、梅酒屋
奉納:大起水産株式会社

ホームページ http://umesusu.jp/


◆お問合せ先

大阪天満宮 大阪市北区天神橋2丁目1番8号  電話番号 (06)6353-0025
担当:糸数 昌史

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
【198.93 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部