2017年03月13日

関西は英語教育が最下位だった!?
全国No.1の実力を誇る奈良の若き英語講師「舞香姫」が
「乗り遅れないための4つのポイント」を発表いたします

教育2020年問題。特に英語教育が激変する!!

株式会社ケーイーシー

 奈良県で学習塾を運営する株式会社ケーイーシー(所在地:奈良県生駒市 代表:小椋義則)は、小学校~高校まで波及する2020年度の大学入試改革を受け、「乗り遅れないための4つのポイント」を発表いたします。全国模擬授業大会で優勝した、舞香姫こと西澤舞香がポイントをわかりやすく解説いたします。

授業を行う舞香姫

授業を行う舞香姫

◎このままでは関西の教育現場が危ない!!

■保護者の2割しか知らなかった!?英語教育改革の真実
 たびたびメディアでも話題となっている「教育2020年問題」。特に英語は、大改革が行われます。しかし、当塾に通う子どもの保護者に、保護者会や懇談会で聞き取りをしたところ、その内容について知っている保護者は、約2割でした。

■奈良県は最下位!関西の英語教育の実態
 文部科学省が平成27年に発表した「公立中学校・中等教育学校(前期課程)における教育実施調査」の中で、奈良県は「授業における英語担当教員の英語使用状況」が22.8%と、最下位でした。同様に、関西の他府県も低水準でした。(添付資料参照)

これから変わる4つのポイント
①センター試験廃止。英語は外部試験導入へ
②中学校の英語授業全て英語で実施
③小学校5年生6年生に英語の授業が増える
④小学3年生から英語科目が必須に

2020年の完全実施を受け、2018年から徐々に移行していきます。そのために必要なことは?!詳しく解説いたします。ぜひ貴社媒体でご取材いただけますようよろしくお願いいたします。

全国模擬授業大会で1位! 
西澤 舞香(にしざわ まいか)
KECこども英語教室責任者
 歌やストーリーを取り入れたエンターテイメント性のある授業が評価され、全国模擬授業大会で1位を獲得するなど、人気と実力を兼ね備えた英語講師。オールイングリッシュで生きた英語を学べる「えいご村(仮称)」を作ることを目指している。

★3月19日(月) タケマルホール(生駒)で行われ る吉本新喜劇「春だ!生駒だ!新喜劇」に舞香 姫の出演が決定!!

◎株式会社ケーイーシーについて
奈良県で創立して38年の歴史を持つ学習塾で、奈良県北和地域を中心に28教室を展開。特に国公立中学校への合格実績は西日本NO.1クラスです。昨年10月に奈良県中南和地域を中心に11教室を展開する株式会社アンドリューと経営統合し、奈良県内で最大規模の学習塾となりました。経営統合時にはそれぞれの経営母体のイメージキャラクターどうしが結婚式をする「企業結婚式」を行い、NHKの取材を受けるなど話題となりました。国内だけでなく、ベトナムに塾を開校するなど、海外展開にも力を入れています。
 
★2017年度「働きがいのある会社」ランキングに選出されました。
★「ベストモチベーションカンパニーアワード2017」 全国4位を獲得いたしました。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ先
電話=06-4708-3766
メール=pr@raple.co.jp
ケーイーシー広報事務局 担当=八尾まで

◆プレスリリース画像
西澤 舞香(にしざわ まいか)
西澤 舞香(にしざわ まいか)
【出典】平成27年公立中学校・中等教育学校 (前期課程)における英語教育実施状況調査
【出典】平成27年公立中学校・中等教育学校 (前期課程)における英語教育実施状況調査
◆プレスリリースPDF
【1.1 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部