2017年07月19日

日本初植物園で中華?!本格中国料理「熱香森(ラシャンセン)」8/6(日)靭公園近くにオープン!
“プラントハンター/そら植物園代表”西畠清順氏監修、
世界の草木溢れるモダンチャイニーズ

~プレス向け先行内覧会のご案内~
日時:7月25日(火) 16:00~ 場所:大阪市西区京町堀1-8-11 ゲスト:西畠清順氏

株式会社TMGB

株式会社TMGB(大阪市中央区久太郎町1丁目9番12号、代表 北野修身)は、8月6日(日)、大阪市西区京町堀に中国料理「熱香森(ラシャンセン)」をグランドオープンいたします。西畠清順氏が監修する中国料理店です。つきましては、7月25日(火)に内覧会を開催いたしますので、是非ともご取材賜りたく、ここにご案内申し上げます。

■ まるで植物園! 西畠清順氏が監修する森のような中国料理店
大阪市民の憩いの場として愛されている総面積約9.7haの靭公園。緑や花が溢れる公園近くに、珍しい植物に囲まれた中国料理店が誕生します。“プラントハンター”として知られる西畠清順氏監修のもと、世界中から集めた多種多様な植物で店内を埋めるように彩り、ゆったりと優雅に過ごせる空間を演出します。

■店舗概要
◇店名  :熱香森(ラシャンセン)
◇所在地 :大阪市西区京町堀1-8-11 ラクメンビル
◇電話  :06-6940-6694
◇営業時間:17:00~24:00(定休日水曜・祝日)
◇店舗面積:192.5㎡(1階 143.9㎡、2階 48.6㎡)
◇席数  :全52席(1階 35席、2階 個室=8席 Bar=7席)
◇客単価 :6,000円~
◇公式HP :http://www.tmgb.co.jp (株式会社TMGB)

■シニアソムリエの厳選ワイン・シャンパンを200種用意!併設のインドアゴルフ「UCHIPPA」とコラボ
1階にテーブル・カウンター席、2階に7席の隠れバーと、8席の個室を設けます。推定樹齢200年のオリーブなど、緑が美しい外庭を望みながら、落ち着きのあるモダンな空間で食事ができます。夜にはライトアップ演出が幻想的で、非日常的な雰囲気を生み出します。
料理では、世界的有名ホテルで培った中国料理をコース5,000円から堪能できます。

・コース一例<熱コース>税別5,000円
特製前菜八種盛り、バジル風味の冷製コーンスープ、海老と野菜のX.O醤炒め、豚バラ肉のフライ、スパイシーソース、浅利入り海鮮炒飯、デザートプレート

中国料理に合うお酒の品揃えにも力を入れており、シニアソムリエが厳選した約200種以上のワイン・シャンパンをご提供いたします。
また、インドアゴルフ「UCHIPPA」を併設しており、打ちっぱなし練習やラウンドプレイが楽しめる個室練習場でも熱香森の本格コース料理を楽しめます。個室は予約で貸し切りにでき、パーティ・女子会・合コンなど、さまざまな目的で気軽にご利用いただけます。

<プレス向け先行内覧会について>
◎プレス限定で店舗を内覧いただけます。お手数ではございますが、ご参加いただけるメディアの方は、以下のPDFにある返信シートにご記入のうえ、ご返送をお願いいたします。

【日時】 :7 月25 日(火)16:00 ~18:00(受付開始15:30)
【会場】 :熱香森(ラシャンセン)(大阪市西区京町堀1-8-11)
【ゲスト】:西畠清順さん
【内容】 :(1) 熱香森のコンセプト・概要説明
      (2) 店内撮影・撮影用料理のご提供
      (3) ご試食

植物プロデュース
西畠清順(プラントハンター/そら植物園代表)

兵庫県川西市出身。幕末より150年続く花と植木の卸問屋「花宇」の五代目であり、そら植物園(株)代表取締役社長。日本全国、世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。国内外含め、多数の企業、団体、行政機関、プロの植物業者等からの依頼に応え、さまざまなプロジェクトを各地で展開、反響を呼んでいる。

著書に「教えてくれたのは、植物でした人生を花やかにするヒント」(徳間書店)、「そらみみ植物園」(東京書籍)、「はつみみ植物園」(東京書籍)など。テレビ出演「情熱大陸」「たけしのニッポンのミカタ!」「NHKスペシャル」「オイコノミア」ほか多数。NHK大河ファンタジー「精霊の守り人」植物提供、NHK大河ドラマ「女城主直虎」オープニングの植物監修。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
ラシャンセン広報事務局 担当:ふるさわ/やお
TEL 06-4708-3766 
メール pr@raple.co.jp

◆プレスリリース画像
「熱香森」の店内
「熱香森」の店内
「UCHIPPA」の個室19H
「UCHIPPA」の個室19H
西畠清順氏
西畠清順氏
◆プレスリリースPDF
【1.23 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部