2017年12月21日

USB NOS-DAC搭載のアンプ誕生

PCで聴くタイムドメインがもっと高音質に!

株式会社シロクマ

株式会社シロクマ(大阪市天王寺区)は、タイムドメイン(時間領域)理論のスピーカーならではの爽やかで自然な音をさらに高音質で楽しんでいただくために、USBケーブルでパソコンと接続する「TDC-2000 USB NOS-DAC デジタルアンプ」を12月24日に発売します。

TDC-2000

TDC-2000

株式会社シロクマ(大阪市天王寺区、代表取締役:熊代誠一)は、タイムドメイン(時間領域)理論のスピーカーならではの爽やかで自然な音をさらに高音質で楽しんでいただくために、USBケーブルでパソコンと接続する「TDC-2000 USB NOS-DAC デジタルアンプ」を2017年12月24日に発売します。

タイムドメイン理論のスピーカーは原音を忠実に再生する自然で聴き疲れしない音が特徴で、株式会社タイムドメイン(京都府相楽郡)の「Yoshii9 MK2」を筆頭に、弊社の「midTower」「SuperPod」「myPod8」などのライセンス製品もそろっています。

今回発売の「TDC-2000」は〝NOS-DAC”と呼ばれるタイムドメインスピーカーに最適なDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)を搭載したもので、ICチップはバーブラウン(TI)社製PCM2706を採用しています。

通常のDACは「オーバー・サンプリング」(CDの音楽データを滑らかに再生しようとする処理)がほとんどですが、「NOS(ノン・オーバー・サンプリング)-DAC」は何も加工ぜずに、音楽データをそのまま音声信号に変換するものです。

実はCDが出回り始めた時代には、大半のCDプレーヤーのDACはNOSでした。しかし、当時のアンプ&スピーカーシステムは再生の忠実度が低かったため、CDの音をより滑らかに再生するための工夫として、オーバー・サンプリング処理が主流となり、NOS-DAC製品は時代とともに減少していきました。

同処理により、データ量が膨大に増えることは確かですが、元のCDに収録された音の情報以上に情報量が増えるわけではありません。逆にこの処理を行うことで、微細な音が滑らかさにつぶされてしまい、情報量が格段に減ってしまいました。

タイムドメインスピーカーでは音源の情報量を忠実に再現できるため、オーバー・サンプリングDACによる再生では聴こえていなかった余韻や空気感が、情報劣化の少ないNOS-DACではたくさん聴こえてきます。

特に弦楽器や打楽器など、一瞬で鋭く立ち上がる音色を忠実に再現し、楽器が発した音の余韻を濁さず、さらにミュートした時にスパッと切れて生まれる静寂感も味わっていただけます。

タイムドメインスピーカーとNOS-DACを組み合わせることで、初めてデジタル音源に収録された本来のクオリティーを楽しめるようになるわけです。

■タイムドメイン理論とは?
従来の一般的なオーディオシステムは、音を周波数成分の集まりと考え、「成分」を再生することに主眼を置いて造られておりました。

「タイムドメイン理論」では、音は空気の圧力が時間で変化するもので、その変化の形を正しく再生するべきだと考えます。

この考えに基づいて、スピーカーもアンプもすべての機器が造られ、微小音まで原音を真のステレオフォニックとして、音像を再生します。

小さくて軽い振動板、コンパクトなアンプ、従来オーディオとはまったく反対のように見えますが、ナチュラル、ハイクオリティーを実現するための技術です。当社の理念のストレスフリー、癒しを実現いたします。                      
                             (株)タイムドメイン 由井啓之



■商品仕様
【本体】亜鉛合金(ウレタン塗装)
【カラー】クリアシルバー
【入力】INPUT1:ステレオミニプラグ
    INPUT2:RCAピンプラグ
【最大出力】14W+14W
【電源】ACアダプター(15V1.6A) 50/60H
【サイズ】W136×H70×D155mm
【重量】1.0kg
【付属品】ACアダプター(15V1.6A)
     オーディオコード1.8m(RCA/ステレオミニ)
【希望小売価格】78,000円(税別)

※株式会社シロクマ
本社:〒543-0023 大阪市天王寺区味原町3-7
代表者:代表取締役 熊代誠一
設立:1964年7月1日
資本金:8,000万円
Tel:06-6768-3131
Fax:06-6768-3132
URL:http://www.shirokuma.co.jp
事業内容:建築金物・家具金物・手すり関連品・住機部品・音響機器製造卸

◆お問合せ先

会社名:株式会社シロクマ
担当者:鳥越 啓子
TEL:06-6768-3131
MAIL:torigoe@shirokuma.co.jp

◆プレスリリース画像
フロントパネル
フロントパネル
リアパネル
リアパネル
◆プレスリリースPDF
【3.12 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部