2017年09月07日

もつ鍋は、牛や豚だけのものではなかった!?
京都・伏見の飲食店が業界初「ブリもつ鍋」を
9/22から本格販売
~出汁は伏見の酒粕を使用。「やわコリ」の新食感~

◎メディア試食会のお知らせ◎
日時:9月20日(水)11時30分~16時 
場所:京都府京都市伏見区深草善導寺町3-46

伏見の隠れ家てっぽう

近鉄伏見駅から徒歩1分に位置する海鮮料理屋「伏見の隠れ家 てっぽう」(京都府京都市伏見区深草善道寺町3-46)は9月22日(金)から、伏見の酒粕をベースに、ブリの胃袋を使用したもつ鍋「ブリもつ鍋」(1,298円)を本格販売いたします。

「ブリもつ鍋」(1,298円)

「ブリもつ鍋」(1,298円)

■業界初の「魚もつ」を使用。「やわコリ」の新食感!
 もうすぐ鍋の季節がやってきます。一般的に、もつ鍋と言えば「牛」や「豚」のもつを使用しますが、「伏見の隠れ家 てっぽう」では、牛や豚ではなく、鰤(ブリ)の胃袋を使用した鍋「ブリもつ鍋」を提供開始いたします。元々は、アルバイトのまかないとして作っていたものを、常連客に「食べてみたい」と言われ提供したところ、大変好評だったことからメニュー化に至りました。

 ブリもつは、コリコリとしながら、スッと歯で噛み切れるやわらかな食感が特徴で、DHAやEPAをはじめ、タウリン・アスタキサンチン・ビタミン類が豊富に含まれており、成人病予防や疲労回復のほか、美肌効果やアンチエイジング効果も期待できるため、女性のお客様にはぴったりのメニューです。「ブリもつ鍋」は、酒処伏見ならではの24ある蔵元から厳選した酒粕をベースに、当店自家製の柚子味噌唐辛子で味付けをします。〆には、濃厚スープが絡みやすいパスタをご用意いたします。

そのほか、「ぶりホルモンと九条ネギの天ぷら」「ぶり肝煮込み」「ぶりホルモン湯引きポン酢」など、ブリもつを使ったお料理もご用意しております。より多くのお客様に、当店でしか味わえないぶりもつ料理を味わっていただければと思っております。

■新メニュー「ブリもつ鍋」メディア試食会のお知らせ
日時:2017年9月20日(水)11時30分~16時
   (受付時間:11時 ご都合の良い時間帯にお越しくださいませ) 
場所:「伏見の隠れ家てっぽう」(京都府京都市伏見区深草善道寺町3-46)
内容:(1)店内撮影・撮影用料理のご提供 (2)ご試食

※ご参加いただけるメディア様は、お手数ですが下記のご出席シートをFAXにてお送りください。

■「伏見の隠れ家 てっぽう」店舗詳細 
住  所:京都府京都市伏見区深草善道寺町3-46
電話番号:075-603-2213
営業時間:火~土 17時30分~24時(L.O23時)
     日   17時30分~23時30分(L.O22時30分)
定 休 日:月曜日
席  数:60席
客 単 価:4,000円

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
伏見の隠れ家てっぽう広報事務局 
担当:和田、八尾  
TEL:06-4708-3766  E-mail:pr@raple.co.jp

◆プレスリリース画像
ぶりホルモン湯引きポン酢
ぶりホルモン湯引きポン酢
伏見の酒蔵風の外観が目印
伏見の酒蔵風の外観が目印
ぶり肝煮込
ぶり肝煮込
1F カウンター席
1F カウンター席
ぶりホルモンと九条ネギのてんぷら
ぶりホルモンと九条ネギのてんぷら
「ブリもつ鍋」メディア試食会 ご返信シート
「ブリもつ鍋」メディア試食会 ご返信シート
◆プレスリリースPDF
【850.42 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部