2018年03月27日

永遠に残す姿だからこそ、花を使って華やかに。
話題沸騰中のプロジェクト「HANANINGEN(花人間)」
大阪唯一の専門スタジオで「遺影」撮影サービス4/1登場!
-「明るいお葬式にしたい」というお客様の声から誕生しました-

株式会社meetsプラス

株式会社 meetsプラス(所在地:大阪府八尾市植松町5-6-10 橘第二ビル1F 代表:中谷 剛)は4月1日(日)、大阪唯一の「HANANINGEN(花人間)」専門フォトスタジオ「meets gallery」で、花を使った華やかな遺影を撮影する「HANANINGEN MEMORIAL」を始めます。

当サービス開始のきっかけとなった浅野かよさん

当サービス開始のきっかけとなった浅野かよさん

■「明るい葬式に向けて華やかな遺影を撮影 したい」83歳女性の声がきっかけ
 「HANANINGEN」は、フラワーアーティストのHikaru Seinoさんが札幌で始めた、色とりどりの生け花を髪の毛に装花して写真撮影を行うプロジェクトで、当スタジオは大阪唯一の専門スタジオです。
 通常の「HANANINGEN」サービスで「明るいお葬式にしたいので、華やかな遺影を撮影したい」という83歳女性のお客様がいらっしゃったことから考案しました。
 当社は花で自分を飾るという非日常の体験を通して自分の魅力を発見し、撮影を通してさらに輝いていただきたいという思いで活動しています。永遠に残す姿となる「遺影」だから、最も華やかで輝く姿でいたい、というご希望に応えられるのではないかと考えました。通常のサービスに加え、お好きな服やメイクについて事前打ち合わせができるほか、撮影後はアルバムとしてお渡しが可能です。

 近年、お棺への入棺体験や生前の葬儀予約など「明るい終活」という概念が広まっております。当社といたしましては、花を使った華やかな遺影でお葬式のイメージをより明るくできたらと考えています。

■「HANANINGEN MEMORIAL」サービス詳細
◇所要時間 :1時間30分程度
◇写真 :2カット、アルバム付き
◇金額 :35,000円~(メイク料金込み)
◇オプション:着付け5,000円(税別)

■「HANANINGEN PROJECT」とは
お客様に1本好きな花を選んでいただき、それをもとにさまざまな植物を使って頭の上に装花し、写真を撮るプロジェクト。フラワーアーティスト Hikaru Seinoが率いる花屋「GANON JAPAN(ガノンジャパン)」が、「花」と「人間」を融合させた新しいアートの形を作り出し、「世界一花を愛せる国を作る」ことをコンセプトに札幌でスタートしました。体験することを「発芽する」と呼び、現在女性を中心にSNS上で話題沸騰、札幌での予約は2ヶ月待ち。すでに4万人以上が体験した人気プロジェクトです。

「HANANINGEN MEMORIAL」体験者へご取材も可能です。
ぜひ貴社媒体でご取材いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

◆お問合せ先

株式会社meetsプラス 担当=中谷
TEL:072-991-2263 Email: meets.hair@gmail.com

◆プレスリリース画像
「HANANINGEN MEMORIAL」を使ったお葬式イメージ
「HANANINGEN MEMORIAL」を使ったお葬式イメージ
◆プレスリリースPDF
【761.66 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記