2019年08月29日

肉・野菜・米・器 丹波の魅力で玉手箱を表現!
「西紀SA下り線」で地元感満載の新メニュー
~西イチグルメ決定戦でグランプリ狙います~

西紀サービスエリア下り線

兵庫県・丹波篠山のサービスエリア「西紀サービスエリア下り線」(兵庫県丹波篠山市東木之部1)は、8月29日(木)から開催される『西イチグルメ決定戦~食べる、肉EXPO~』に、地元・丹波の食材を使った新メニュー「旅路の祝い膳 『丹波の霜ふる頃』~想いと趣の玉手箱~」でエントリーし、グランプリを狙います。

「旅路の祝い膳『丹波の霜ふる頃』~想いと趣の玉手箱~」 1,380円(税込)

「旅路の祝い膳『丹波の霜ふる頃』~想いと趣の玉手箱~」 1,380円(税込)

■至る所に丹波らしさをちりばめました
 食材は地元で評価の高い但馬牛、氷上高ポーク、丹波地どりなどのお肉をはじめ、山の芋や黒豆といった野菜、お米も丹波にこだわりました。器には、地元の伝統工芸である「丹波立杭焼」の陶器と「王地山焼」の磁器を組み合わせております。また、「開けてびっくり、食べてびっくり」の玉手箱をめざし、器だけでなく料理にもさまざまな趣向を重ね合わせました。
 「丹波に来ていただいたからには丹波らしさを」の言葉をモットーに、歴史、伝統、想いなど丹波のすべてを詰め込むことで、旅人、ドライバー、すべての方に、丹波への旅気分=ハレの世界を味わっていただけるひと品をめざしました。
 今回のメニュー開発にあたり、地元の方々にお話を伺い、さまざまな情報とたくさんの想いを受け取ることができました。本メニューを通して、丹波らしさや生産者の思いを感じていただければと思っております。

※丹波とは広義の丹波地方を指します


■『西イチグルメ決定戦~食べる、肉EXPO~ 』概要
『西イチグルメ決定戦~食べる、肉EXPO~ 』は、西日本の№1肉料理を決めるNEXCO西日本と西日本高速道路サービス・ホールディングス主催の企画です。「地域の食材や特色、食文化を生かしたオリジナル『肉グルメ』」をテーマに、関西、中国、四国、九州の各ブロックで予選を行い、優秀な成績を収めたメニューが地域代表として本選大会に出場します。食の専門家による厳正な審査でグランプリ(西イチ)を決定します。

■西紀サービスエリア下り線について
西紀サービスエリア(にしきサービスエリア)下り線は、兵庫県丹波篠山市の舞鶴若狭自動車道北行き側のサービスエリアです。舞鶴若狭道唯一のサービスエリアであり、黒豆パンや黒豆ソフトクリームなど販売するほか、ドッグランや24時間営業のショッピングコーナーなどを併設しています。2017年夏に開催した、ガチャガチャで昼飯を決める企画「ガチャめし」では、帰省途中のご家族からカップル、遠方からお越しの方までたいへんなご好評をいただき、出たカプセルの数は累計で2万個を超えました。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
●担当:荻野(おぎの) TEL:079-593-1133 
E-mail:junko.ogino@kohmei.co.jp

◆プレスリリース画像
丹波立杭焼を使った玉手箱風の器
丹波立杭焼を使った玉手箱風の器
◆プレスリリースPDF
【2.46 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記