2017年05月26日

十三の新名所
岸和田名物“かしみん焼き”の居酒屋 笑い処 呑人
「岸和田だんじりミニ検定」でサービスを開始!

~得点に応じてお食事・ドリンクの割引券をプレゼント~

笑い処 呑人

鉄板居酒屋「笑い処 呑人(どんと)」(所在地:大阪市淀川区、代表:北畠英樹)は、店主の出身である岸和田に関するミニ検定に参加し、その得点に応じてドリンク等の割引券をプレゼントするキャンペーンを開始します。

「かしわ」(鶏肉)と牛脂の「ミンチ」を乗せて焼いたお好み焼きによく似た岸和田のソウルフード、かしみん焼

「かしわ」(鶏肉)と牛脂の「ミンチ」を乗せて焼いたお好み焼きによく似た岸和田のソウルフード、かしみん焼

店主のだんじり愛から生まれた 「岸和田だんじり ミニ検定」 実施概要
ご来店のお客様のうち、ご希望の方には、当店オリジナルの「岸和田だんじり ミニ検定」に挑戦していただけます。
採点の結果、得点に応じたサービスを次回来店時にご利用いただけるサービス券を進呈します。
※ミニ検定のチャレンジは2,000円以上ご飲食の方に限ります。 ※特典はミニ検定にご参加された方のみが対象となります。

■サービス内容
100点…名物かしみん焼 1枚無料
80点~99点…名物かしみん焼 1枚半額
40点~79点…ワンドリンク無料(一部商品を除く)
39点以下…残念!次回の挑戦をお待ちしています

■店主 北畠英樹(きたばたけひでき)ご紹介
大阪府岸和田市中北町出身。
昨年のだんじり祭りでは、中北町の執行部書記を務める。
だんじり祭りが大好きなため、いつも店内では中北町の法被を着用。
マジックが得意で、ときおりマジックを披露することも!

■かしみん焼 とは
関西でいう「かしわ」(鶏肉)と牛脂の「ミンチ」を乗せて焼いたお好み焼きによく似た、岸和田地域のソウルフード。
南海電気鉄道岸和田駅周辺の海岸に近い地域で提供されています。
大阪市内でも提供する店はあるが、アレンジされていることが多い中当店では、岸和田出身の店主が本場の味をご提供いたします。


■たまから焼など鉄板焼料理が中心のメニュー
小麦粉にネギとショウガのみを入れた駄菓子感覚の「からやき」に玉子を入れた「たまから焼」も岸和田のソウルフードです。そのほか肉料理や串焼など、鉄板焼メニューを中心にとりそろえています。

●店舗概要
店舗名:笑い処 呑人(わらいどころ どんと)
業態:鉄板居酒屋
所在地:大阪市淀川区十三東2-11-6一花ビル1F 
TEL:06-6308-2525
営業時間:平日・土曜日…17:00~翌3:00(L.O.2:30) / 日曜日・祝日…14:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:火曜日(月1回不定休あり)
URL:https://www.hotpepper.jp/strJ001146638/appearance/
席数:12席
平均予算:3,000円

是非、貴社媒体でお取扱いいただけますようお願い申し上げます。

◆お問合せ先

会社名:笑い処 呑人(わらいどころ どんと)
担当者:北畠(きたばたけ)
TEL:06-6308-2525
MAIL:hideboo777@i.softbank.jp

◆プレスリリース画像
肉料理や串焼など、鉄板焼メニューを中心にとりそろえています
肉料理や串焼など、鉄板焼メニューを中心にとりそろえています
◆プレスリリースPDF
【623.7 KB】

アクセスランキング

  • ラプレは2025日本万国博覧会誘致委員会のオフィシャルパートナーです。
  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部