2017年07月13日

うなぎが合うのは米だけではなかった!
日本初「うなぎの和え麺」
大阪・高槻の和食店で
「土用の丑の日(7月25日)」から本格販売

~うなぎを使った新メニュー。夏バテ防止にも~

旬菜旬魚 きくの

 大阪・高槻の和食店「旬菜旬魚 きくの」は、2017年7月25日(火)「土用の丑の日」より、うなぎに麺を和えた日本初のメニュー「うなぎの和え麺」を本格販売いたします。

■日本初!うなぎの名店出身の若き店主が作る「うなぎの和え麺」
 
 「うなぎの和え麺」は、安心安全はもちろん、産地にこだわらず、活けのうなぎを使用。きゅうり、山芋、白ネギ、温泉玉子などの野菜をトッピングし、和え麺には珍しい細麺を、山椒油や自社ブレンドの醤油ベースのたれで和えた新感覚の麺です。
 
 2012年にオープンした当店は、和食店ですが、うなぎの名店「ちか定」で出身の店主が作るうなぎ料理が大変人気となっております。なにかうなぎを使った新しいメニューを提供できないかと考えたことから、以前他店で食べたロー麺からヒントを得て、「うなぎの和え麺」を開発しました。

 当店といたしましては、栄養価の高いうなぎを使った「うなぎの和え麺」で、これからの夏本番を乗り切っていただきたいと考えております。

商品名:うなぎの和え麺
販売価格:950円(税込)
目標販売数:1日30食

マスコミの方にはご試食もご用意しております。
ぜひ貴社媒体でのお取り扱いいただけますよう、お願い申し上げます。

◆お問合せ先

取材に関するお問い合わせ先
旬菜旬魚 きくの  担当=きくの
TEL:090-7106-0521 Email:akinosuke521go@gmail.com

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
【685.63 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記