2017年08月30日

伝説のディスコ「マハラジャ祇園」が
9月13日(水)復活オープン!
当時の場所、メンバーはそのまま、インバウンド向けに展開も

◎メディア内覧会のお知らせ◎
日時:9月13日(水)18時00分~20時
場所:京都市東山区祇園町北側323 祇園会館B1F・1F

マハラジャ祇園

 株式会社ドリームワークス(本社:京都市東山区祇園町北側323 祇園会館地下1F、代表:沢井 綾子)は、2017年9月13日(水)エンターテイメント施設「MAHARAJA(マハラジャ)祇園」を復活オープンいたします。

当時の店内の様子

当時の店内の様子

■あの伝説のディスコマハラジャが20年ぶりに復活!
 マハラジャは、1980年代~1990年代にNOVA21グループが日本全国展開した高級ディスコチェーンで、1980年代のバブル期を代表する存在でした。その中でも、マハラジャ祇園は、規模、動員数共に「東洋一のディスコ」と呼ばれ、マハラジャグループの旗艦店として、日本のディスコ界を牽引してきました。

 20年ぶりとなる今年、当時と同じ場所で、当時の社長熊谷カールを総合プロデューサーとし、当時のDJマネージャーと共に、復活をいたします。

■忍者、舞妓、花魁・・・京都らしさでインバウンド需要狙う
 当時のイメージはそのまま、今回新たにインバウンド層をターゲットとしております。ディスコクラブとして最高の音とラグジュアリーな空間を提供するだけでなく、日本酒を提供する「SAKE BAR」や、舞妓、忍者、花魁の出没など、「京都らしさ」を打ち出しました。その他、当時の人気メニュー「ハニートースト」や、フォトスポットを用意するなど、バブル世代から若年層、インバウンド層まで、幅広いお客様にお楽しみいただける施設を目指しております。

 ぜひ貴社媒体でのお取り扱いいただけますよう、お願い申し上げます。

【「マハラジャ祇園メディア内覧会」詳細】
日時:2017年9月13日(水)18時~20時
内容:店舗内覧、ハニートースト試食、個別インタビュー(熊谷カール 総合プロデューサー、広報担当岩田)、忍者ショー(21:00頃予定)、 舞妓さん練り歩き(21:30頃予定)

【店舗詳細】
店舗名:MAHARAJA (マハラジャ)祇園
住所:京都市東山区祇園町北側323 祇園会館B1F・1F
電話:075-541-6222
URL:http://www.maharaja-g.jp
営業時間:20:00~深夜(週4日営業)
営業形態:特定遊興飲食店営業許可店舗
店舗面積:150坪
席数:ダンスフロア40席、VIPスペース110席、立席含み300名程度収容
システム:一般席 エントランスフィー(ドリンクチケット付き)
     男性3,000円/女性2,500円
     VIP席 エントランスフィー ボトルオーダー制(オーダーは伝票制)
客層:バブル体験世代を中心に、バブルを体験してみたい若者層を加え、インバウンド外国人、社会人の男女30代以上

◆お問合せ先

取材に関するお問い合わせ先
マハラジャ祇園 担当=岩田(広報・宣伝)
TEL:075-541-6222(岩田携帯:080-2012-0001)
Email:info@maharaja-g.jp(岩田:fadem@flute.ocn.ne.jp)

◆プレスリリース画像
盛り上がる様子
盛り上がる様子
店内のフォトブース
店内のフォトブース
メディア内覧会返信シート
メディア内覧会返信シート
◆プレスリリースPDF
【844.56 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部