2018年01月11日

尼崎市内100以上の塾・教室で使えるクーポンを
経済的困難な子どもたち200名に無償配布
全国初の取り組み「子ども・若者応援クーポン」スタート

― 貧困・孤立の連鎖を断つために、“学びの機会”と“つながり”を生みだします ―

一般社団法人Collective for Children

一般社団法人コレクティブ・フォー・チルドレン(所在地 兵庫県尼崎市、共同代表 河内崇典)は、公益財団法人日本財団の支援と、尼崎市の後援をうけて、2018年4月1日より、経済的に困難な状況にある子ども・若者200名に塾・予備校、スポーツやピアノ等の習い事、体験活動、保育サービス、相談支援等に利用できるクーポン(1か月あたり 12,000円~)を無償で支給する全国初の取り組み「子ども・若者応援クーポン」を始めます。対象は、尼崎市に住む0 歳~20 歳の子ども・若者のうち、生活保護受給者及び、一定の所得要件(年間所得基準額を下回る)を満たす方となります。

経済的な状況にかかわらず、子ども・若者に多様な学びや経験する機会を届けるとともに、クーポンの利用を通じて利用者世帯の課題を把握し、必要に応じた相談支援を行うことで経済面以外も含めた状況の改善につなげていきます。同様の取り組みは今後、子育て支援・地域連携の先進例「尼崎モデル」として全国へも広げていく予定です。

■貧困、孤立。それが当たり前になっている子どもたちが日本には7人に1人います

日本の子どもの7人に1人が今、貧困状態にあると言われています。ひとり親家庭や非正規雇用の方などにとって現代社会は仕事や子育てがしにくく、いじめ、不登校、虐待、DV、10代の予期せぬ妊娠、ひきこもりなど様々な困難な状況が絡み合い、孤立した子育てや貧困の連鎖を生みだしています。行政や各NPOが現場で支援にあたっていても、問題が複雑に絡み合っているため、点での対処支援ではその家庭ごとの困りごとを改善しづらい状況にあります。

■「子ども・若者応援クーポン」とは

子ども・若者応援クーポンは、子ども・若者一人につき月額12,000円~24,000円を配布し、以下のようなサービスを利用するための支払いに適用できます。現在、大手学習塾から体操教室など、幅広い法人・団体が「クーポン取扱事業者」として登録されており、今後も増加予定です。希望の事業所が登録されていない場合はリクエストすることも可能です。

 ・未就学児・小学生・中学生・高校生等の子どもへのサービス
 幼児教室、塾、キャンプ等の活動体験、スイミング等のスポーツ、ピアノ等の文化活動、
 発達支援、障がい児支援等

 ・19歳~20歳の若者へのサービス
 学習支援、進路相談支援、職業教育、インターンシップ、資格取得支援(自動車教習所を除く)等

 ・0~20歳の子ども若者の保護者の含めたサービス
 産後サポート、ベビーシッター、病児保育、一時預かり保育等


◆利用者募集要項

【対象者】 1998年4月2日以降に生まれた方
      申込時点で尼崎市にお住まいの方
      大学、大学院、短期大学、高等専門学校(4・5年生)に在籍していない方
      本人(対象者が扶養されている場合、その保護者)が生活保護受給者であること
      一定の所得要件

【定員】  200名程度(年齢によってクーポン提供額が異なるため、定員は見込みの人数です)
      ※申し込み多数の場合は、抽選により利用者を決定します。

【提供額 (1か月あたり)】
      未就学児 20,000円 小学生 12,000円 中学1・2年生/高校1・2年生 16,000円
      中学3年生/高校3年生 24,000円
      生年月日が1998年4月2日~2003年4月1日までの方で高校等に在学していない方 24,000円

【有効期間】2018年4月1日~2019年3月31日まで

【申請方法】ウェブまたは電話申し込み(締め切りは、2018年3月9日(金)必着)


◆クーポン取扱事業者(一部)

【保育サービス・子育て支援】駅前保育所そのだえん/ラヴィ/子育てサークルやんちゃんこ学童保育ヒーローズ/マムメイド/病児保育ノーベル

【教科学習】木村塾/明光義塾/個別指導学院フリーステップ/個別指導キャンパス受験指導ハイアーステージ/スクールIE/ITTO個別指導学院

【スポーツ】尼崎スイミングスクール/各地区体育館サルーススポーツ教室WOODYスクール/国際空手拳法連盟聖武会館

【体験活動】ヒューマンアカデミーロボット教室/ブレーンヒューマニティー


◆運営団体 一般社団法人Collective for Children(コレクティブ・フォー・チルドレン)

「すべての子どもの育ち・学びを切れ目なく支援する」ことを目指して、関西を中心に活動する複数のNPOが協働発足。日本財団の助成をもとに「子ども・若者応援クーポン」の提供を通じ、子どもたちが経済的な環境に関係なく多彩な学び・経験の機会を得られる活動を進めています。Collective for Childrenには様々な団体が参加しており、阪神大震災以降より被災児童支援や学習支援に努めてきた団体をはじめ、障害児支援、若者居場所・相談支援地域福祉支援、保育サービスを通じた子育て支援団体などが協働。各分野の専門性を活かし、さらに地域の団体や教室、行政、支援企業ともつながりあいながら、子ども・若者の成長過程に応じた支援を実施していきます。

 代表者:河内崇典(NPO法人み・らいず代表) 高亜希(認定NPO法人ノーベル代表)
 設立:2016年12月
 所在地:〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2丁目12-8 サンライトハイツ205号室


<記者発表会開催概要>
【日時】  2018年1月18日(木) 14:45 ~15:30
      (受付開始14:30~ ※市長定例記者会見後に行います)
【会場】  尼崎市役所市長室(南館2階)
【出席者】 一般社団法人コレクティブ・フォー・チルドレン 共同代表 河内崇典・高亜希
      尼崎市市長 稲村和美
      クーポン取扱事業者(地域の支援者)  子育てサークル やんちゃんこ 濱田英世 様
                         大原塾 塾長 大原一憲 様
                         株式会社成学社 専務取締役 永井博 様
【内容】 「子ども・若者応援クーポン」事業概要説明/質疑応答/フォトセッション

※ 会見ご出席のメディア関係者様は、ページ下よりログイン後、参加申込書のダウンロードとご返信をお願いします。

◆お問合せ先

■メディア関係者様 取材に関するお問い合わせ
一般社団法人コレクティブ・フォー・チルドレン 担当:吉田 綾
Tel : 06-6427-3520
メール : pr@cforc.jp

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。
メディア会員新規登録

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部