2018年01月24日

日本中のカプセルホテルを良いとこどり!
大阪の外壁リフォーム会社が自社ビルをコンバージョンした
カプセルホテルを2018年2/3(土)開業

~女性社員100人にアンケートを取り、泊まりたいホテルを実現しました~

株式会社オンテックス

株式会社オンテックス(本社:大阪市浪速区湊町2-2-45、代表取締役:小笹公也)は2018年2月3日(土)、オンテックス難波ビル(本社)の一部分をコンバージョンし、当社初のカプセルホテル「J-SHIP大阪難波」(大阪市浪速区湊町2-2-14)をオープンいたします。

和モダン風のデザインで「安らぎ」を表現

和モダン風のデザインで「安らぎ」を表現

■日本中のカプセルホテルを訪ね歩き、良いとこどりをしたカプセルホテルが完成!
 「J-SHIP大阪難波」は、外壁リフォームを中心に取り扱う当社初のカプセルホテル業態です。本社の一部分をコンバージョンし、事務所フロアだったところをカプセルホテルに変更しました。このような大規模な用途変更は、大阪市内でも非常に稀なケースとのことです。

 開業にあたって、日本中のカプセルホテルを訪ね歩き、担当者が良いと思った点を積極的に取り入れました。また、当社の女性社員100人に「カプセルホテルに足りないものは何か」「どんなカプセルホテルに泊まりたいか」といったアンケート調査を行い、セキュリティ体制とアメニティを完備した「安心」、和モダン風のデザインで「安らぎ」、カプセルホテルに泊まる1番の目的である「安さ」という3つの「安」を追求しました。JR難波駅南出口から徒歩1分という立地から、メインターゲットを国内の若年層(17歳~34歳)の娯楽観光客やコンサート・スポーツ観戦客、ビジネス利用とし、また海外からもカプセルホテルに興味がある方や日本文化を体験したい方も楽しめる場を提供したいと考えています。

 当社といたしましては、今までカプセルホテル利用が無かった方々でも「泊まってみたい」と思いえるような場所にしたいと考えております。

ぜひ貴社媒体でのご取材いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

■施設概要
【名称】HOTEL J-SHIP大阪難波
【住所】大阪市浪速区湊町2-2-14
【電話】06-7167-1171
【開業】2018年2月3日(土)
【業態】カプセルホテル(簡易宿所)
【定休日】無休
【広さ】約1400平方メートル
【室数】133室(男性92室、女性41室)
【構成】1階 フロントロビー/2階 女性客室フロア、客室、浴場
    3階 男性客室フロア、ロッカー、大浴場/4階 男性客室フロア/5階 ラウンジ等
【室タイプ】モデレートキャビン=2平方メートル、カプセル型タイプ 3,500円~
      デラックスキャビン=約5平方メートル デスク付き部屋タイプ 4,500円~
【サービス】館内着、バスタオル、歯ブラシ等アメニティ完備/インターネット接続無料(WiFi)/パウダールーム・フィッティングルーム設置/ロッカー貸出無料/コインランドリー/24インチ液晶テレビ(一部)

【株式会社オンテックスについて】
 1984年にオザサ塗装工業として創業。自社ブランド品開発にこだわりを持ち、2000年に塗装工事会社で日本初となる製造・販売・塗装を一貫体制で行うことで効果を得られる「外断熱E-テックスプロヒート工法」を上市し話題となる。社内では若手の発想を重視しており、リフォーム関連事業のほか中古住宅のマンションのリノベーションやコンバージョンで不動産価値を高めるバリューアップ事業や、温浴事業としてスーパー銭湯の運営も行う。

◆お問合せ先

電話=06-7177-1033 メール=h.kaga@ontex.co.jp
株式会社オンテックス 担当=加賀

◆プレスリリース画像
パウダールーム
パウダールーム
女性客室フロア
女性客室フロア
デラックスキャビン
デラックスキャビン
モデレートキャビン
モデレートキャビン
◆プレスリリースPDF
【1017.52 KB】

アクセスランキング

  • ラプレは2025日本万国博覧会誘致委員会のオフィシャルパートナーです。
  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部