2018年02月07日

意外とイケる!? 道頓堀の肉バル「デルソーレ」で2月14日(水)
肉×チョコ×花の「フラワー肉パフェ」登場!
~肉パフェは今年で3回目。昨年よりもスイーツ感が増しました~

株式会社柴田

大阪・道頓堀で焼肉店を運営する株式会社柴田(大阪府大阪市宗右衛門町3-3キャピタルサイド宗右衛門7階、代表取締役 柴田充)は、「デル・ソーレ道頓堀」(大阪市中央区道頓堀1-5-8 柴田ビルB1階)で、2月14日(水)「バレンタインデー」から3月14日(水)「ホワイトデー」までの1カ月限定で、肉とチョコレートと花をコラボレーションさせた「フラワー肉パフェ」を販売いたします。

肉×チョコ×花の「フラワー肉パフェ2018」

肉×チョコ×花の「フラワー肉パフェ2018」

■肉×チョコの斬新スイーツ「肉パフェ」!今年はフラワー添え
 2月14日は「バレンタインデー」。当店では、「スイーツでも肉を楽しんでいただければ」という思いで、2016年から毎年この時期にチョコレートと肉を融合した「肉パフェ」を販売してきました。

 3年目となる今回の肉パフェは、昨年度の流行語大賞にもなった「インスタ映え」やトレンドの「フラワーバレンタイン」を意識し、エディブル・フラワー(食用花)や飴細工をトッピングした上品な見た目に仕上げております。昨年までは、ローストビーフはそのまま楽しんでもらうなど、どちらかと言えば”食事系パフェ”だったものを、今年はローストビーフまで甘く味付けし、より‟スイーツパフェ“に仕上げました。

 高さ約20センチの「フラワー肉パフェ」は、バレンタインデーをイメージして、チョコレートと肉を組み合わせた具材をメインに使用。生ハムをチョコレートでコーティングしたものやローストビーフをキャラメリゼしたもの、牛肉のミンチを甘く煮てクランチ状にしたものなど、パフェの各所でチョコレートと肉のコラボが楽しめます。トッピングには、飴細工やエディブル・フラワー(食用花)、バニラアイス、チーズケーキ、ティラミス、イチゴのほか、女性に人気の高いアボカド、サワークリーム、ローストビーフを使用した「肉クレープ」を盛り付けます。パフェ全体が重たくならないよう、最後にはポップコーンやグラノーラ、フランボワーズソースなどの軽めの食材を使用いたしました。

 当店と致しましては、昨年よりもさらにスイーツ感が増した、肉バルならではの「肉パフェ」を多くの方に楽しんでいただけたら思っております。

■「フラワー肉パフェ」詳細
商 品 名:「フラワー肉パフェ2018」
価  格:税抜950円
販売期間:2018年2月14日(水)~3月14日(水)

■「デル・ソーレ道頓堀」店舗詳細
住  所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-5-8 柴田ビルB1階
電話番号:06-6213-3126
営業時間:17時~翌5時(L.o翌4時)
席  数:56席

是非、貴社媒体でお取扱い頂きますようお願い申し上げます。
ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
デル・ソーレ道頓堀広報事務局 担当:和田、八尾
TEL:06-4708-3766 E-mail:pr@raple.co.jp

◆プレスリリース画像
デル・ソーレ道頓堀の外観
デル・ソーレ道頓堀の外観
◆プレスリリースPDF
【702.76 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部