2018年04月17日

天王寺に最後に残る、築100年の歴史ある大正時代の邸宅を使った
古民家酒場・酒宴「菜乃庵 nanoan」が誕生

株式会社しぜんそざい

株式会社しぜんそざい(本社:堺市東区、代表/森岡拓也)は、天王寺・茶臼山にある築約100年、天王寺最後の古民家と言われる大正時代の邸宅をリノベーションした日本酒酒場・酒宴「菜乃庵 nanoan」を新規オープンいたしました。
同じく茶臼山にある「菜々蔵」の2号店となります。

約築100年、大正の古民家と里山風の庭

約築100年、大正の古民家と里山風の庭

天王寺という都会のど真ん中、駅からも2分程度の場所にある、静寂の館。
開発が進む天王寺界隈では、最後に残る大正時代の古民家と言われています。

そんな歴史ある古色蒼然とした建物の趣ある空間でいただく、
地元野菜の旬料理や、
魚介と鶏、シジミのトリプルスープが自慢の絶品出汁鍋、
そして五島列島から直送の鮮魚などと共に、
小さい酒蔵を中心に集めた毎月変わる地酒25種が楽しめる、
宴の場を作りました。

庭を見ながら楽しめる1~2名様向けのカウンターや、20名様まで可能な部屋貸し切り、全館貸切りの場合は80名様の宴会など、様々なシチュエーションで利用可能です。

ランチは「一汁十菜 農家のお昼ごはん 1000円」
こだわり農家や自家農園の野菜をふんだんに使用したお惣菜やお造りが小鉢で10種ならぶ、健康にも配慮した満足感高いランチになりました。

場所は一号店の菜々蔵から徒歩1分の茶臼山。
すぐ横には、天王寺公園内の慶択園があり
二階からはその森が望める環境にあります。

今後、まだまだ大阪に残る古民家を使って、各種店舗として再生する事業の第一弾となります。
何か機会がありましたら、
是非お声がけいただければと思います。


菜々蔵&菜乃庵 店長兼料理長
松宮 剛


□ 資料ダウンロード
外観、店内、料理などの写真や、メニュー、POPなどをまとめています。(約150MB)
http://www.nanoan.com/press.zip

□ 概要
(新店)
酒宴 「菜乃庵 nanoan」
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町2-23
06-6770-5757(3月中旬より開設)
不定休
昼 11:00~15:00(LO.14:00)
夜 17:00~23:00(LO.22:00)
席数 80席
客単価4000円
店舗面積125㎡ 敷地271㎡
http://www.nanoan.com/

(一号店)
酒と三菜「菜々蔵 nanakura」
〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町4-26
06-6777-4373
不定休 夜 17:00~24:00 (日祝 15:00~)
席数 32席
http://www.nana-kura.com/
https://www.facebook.com/saketosansai.nanakura/

◆お問合せ先

会社名:株式会社しぜんそざい 
担当者:菜々蔵、菜乃庵店長/松宮 剛
TEL:06-6777-4373(菜々蔵)
MAIL:taku@shizen-sozai.co.jp

◆プレスリリース画像
古民家の外観
古民家の外観
三種の旨味 絶品出汁鍋
三種の旨味 絶品出汁鍋
魚介系のしっかり出汁に、桜島鶏の旨味、そしてシジミをたっぷり入れた絶品出汁
魚介系のしっかり出汁に、桜島鶏の旨味、そしてシジミをたっぷり入れた絶品出汁
一汁十菜 農家のおひるごはん 1000円
一汁十菜 農家のおひるごはん 1000円
色々な野菜がたっぷりの「畑のおそうざい盛合せ」
色々な野菜がたっぷりの「畑のおそうざい盛合せ」
庭を望めるテーブル席
庭を望めるテーブル席
大小バラエティー豊かな部屋が6つ
大小バラエティー豊かな部屋が6つ
昔から残る古民具が色々
昔から残る古民具が色々
癒される里山や渓谷をイメージした庭
癒される里山や渓谷をイメージした庭
店内はどこも大正時代を感じさせる落ち着く空間
店内はどこも大正時代を感じさせる落ち着く空間
◆プレスリリースPDF
【571.42 KB】

アクセスランキング

  • ラプレは2025日本万国博覧会誘致委員会のオフィシャルパートナーです。
  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部