2018年08月10日

「自分だけのもの」を創る。
旧き良きものは修理して大切に使う。
今、大阪の女子の間で「自分らしいバッグ」
「自分だけのお財布」が大ブーム!
キーワードは、「カスタマイズ」です。


㈱ 林吾

■お買い物はネットで、しかも「気に入ったプラスワンの仕掛けなければ買わない」のが当たり前の時代になりました。ブランド名ではなく「自分らしいもの」「自分だけのもの」を求める傾向があるようです。でもいったん気に入れば、意外とお金をかけます。
今、大阪の女子の間ではバッグやお財布にいろいろなものをプラスし「カスタマイズ」して、ゴージャス感を楽しむのがブームとなっています。ブランドのロゴが大切という時代は終わり、海外ブランド店でさえも「カスタマイズ」を取り入れているようです。
■そこで、バッグやサイフの製作、修理・リフォームの老舗、(株)林吾では、このたび
「カスタマイズ」専門店「アトリエ8845カスタマイズショップ」をオープンすることになりました。ここでは創業年70年を超える歴史で培われた「日本の職人の技術」を活かして、デザイン、カラー、パーツの素材を変えたり、自分で選んだチャーム、リボン、ベルト、スタッズを入れるなど様々な「カスタマイズ」が可能(写真)。女子高生からこだわりのマダムまでを満足させる、大阪のわがまま女子にぴったりのショップ誕生です

<カスタマイズ>
基本のパターンをもとに、用意された素材(1,000種類を越える革素材、1万個の金具、300種類を越える口金など)から自分好みを選びさらにチャーム、リボン、ベルト、スタッズ、ネーム入れなどをプラスし、好みのカスタマイズが可能です。その他、面白いアイディアをふんだんにご用意しています。
価格:基本パターン(バッグ)50,000円~(お財布)20,000円~
パーツ3,000円~多種
<オーダー>
オーダーこそ100%わがまま女子のご要望をお聞きするアイ
テムです。デザイン、素材、カラー すべてご相談のうえ進めます。
価格:バッグ 30万円~
   お財布 10万円~
<リフォーム>
旧くなってしまったしまったお気に入りのバッグを財布に!大好きな祖父の形見のボストンバッグをクラッチに!などで、世界にひとつ、自分だけのお財布が完成
価格:30,000円~
<修理>
ブランドショップで断られた修理も、日本の職人の技を活かして引き受けます!デザインも相談しながら修理するので、前よりも気に入ったバッグになることも!
価格、内張り交換は30,000円~
★ レポーターさんの体験取材が可能です。自由にカスタマイズして「自分らしいバッグ」「自分だけのお財布」を作ってみてください!(ただし、職人による手作りなので、製作に1月かかります)
★ がんこ職人・ベテラン職人の仕事風景取材やインタビューも可能です。


ショップ名称
  「アトリエ8845 カスタマイズショップ」

住所
  大阪市東成区大今里 2-11-13
  (地下鉄千日前線、今里線、今里駅一番出口  徒歩3分)

電話                FAX
 06-6976-8845    06-6977-8845

オープン日
   2018年8月17日(金)   (日曜、祝日 お休み)

営業時間
    10時~18時

広報連絡先
  店長(兼広報)  森川 徳之
   090-9883-9000
広報
   相澤 孝行
   090-3348-3931

◎ オープン前も取材をしていただくことは可能ですのでご連絡
くださいませ。

◆お問合せ先

会社名:㈱ 林吾
担当者:相澤 孝行    森川 徳之
TEL:06-6976-8845
MAIL:atelier@8845.jp

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
【61.97 KB】

アクセスランキング

  • ラプレは2025日本万国博覧会誘致委員会のオフィシャルパートナーです。
  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部