2018年09月04日

「落語家と⾏く なにわ探検クルーズ」秋の特別企画
9月23日(日)、24日(月祝) ⼤阪・道頓堀から淀川へ︕︕
中秋の名月は「落語家と⾏く お月⾒クルーズ」

一本松海運株式会社

 一本松海運株式会社(⼤阪市北区中之島、代表取締役社⻑︓一本松榮)は同社の定期観光船「落語家と⾏く なにわ探検クルーズ」(※1)の秋のスペシャル企画として、2018年9月23日(日曜日)、24日(祝日月曜日)の2日間限定で『落語家と⾏く お月⾒クルーズ』を運航します。

 道頓堀から淀川に繰り出し、静かな川面から中秋の名月を鑑賞。道中では落語家の案内を聞きながらお月⾒弁当と⼤阪地酒、お月⾒団⼦を楽しみ、下りでは落語を一席。希少な⽑⾺閘門(※2)での水位調整体験もできる水都⼤阪ならではの特別な一夜をお楽しみください。

(※1)「落語家と⾏く なにわ探検クルーズ」は、なんばの湊町リバープレイスやUSJ近郊のユニバーサルシティポートを出航し、落語家のガイドで⼤阪市内の川を巡る遊覧船。道頓堀や中之島の風景や、⼤阪の歴史や古典落語に登場するコース内の⾒所を落語家が面白おかしく解説し、彼らが披露する⼩噺や余芸も楽しむことができる。2003年3月開始。
(※2)⽑⾺閘門の通航は通常は日中とされ、夜間通航は淀川の活性化を目指した社会実験として実施。

【概 要】
日 程︓2018年9月23日(日曜日)、24日(祝日月曜日)
コース︓18:00湊町船着場〜道頓堀川〜東横堀川〜東横堀川水門〜⼤川〜⽑⾺閘門〜淀川にてお月⾒(⾚川鉄橋Uターン)〜⽑⾺閘門〜⼤川〜20:30八軒家浜船着場
料 ⾦︓6,500円(税込)
案 内︓落語家 ※下りの⼤川では落語を実施
食 事︓お月⾒弁当/お月⾒団⼦/⼤阪地酒(ライスワイン)
募集⼈数︓47名
申込⽅法︓一本松海運予約受付センター TEL06-6441-0532(9:00〜18:00)
※雨天実施、荒天中止
※天候によっては月が⾒えない場合があります

◆お問合せ先

一本松海運株式会社 ⼤阪市北区中之島6丁目4番7号 担当︓鈴⽊/山本/⿊⽊
TEL 06-6441-0531 FAX 06-6441-0530 ippon@ipponmatsu.co.jp

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
【399.87 KB】

アクセスランキング

  • ラプレは2025日本万国博覧会誘致委員会のオフィシャルパートナーです。
  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部