2019年01月24日

【日本初】カフェが併設する「サーキット施設」!
サーキット施設の来場者数日本一「舞洲インフィニティサーキット」
「ISK大阪舞洲店」に改名し、2/9(土)にリニューアルオープン!

株式会社ISK

株式会社ISK(本社:静岡県浜松市西区佐浜町5757、代表取締役:池田 龍郎)が運営する「舞洲(まいしま)インフィニティサーキット」(住所:大阪市此花区北港緑地2丁目)は2月9日(土)に「ISK大阪舞洲店」に改名し、店舗すべてリニューアル工事を行い、サーキット施設にカフェが併設するレジャー施設にリニューアルオープンします。

■年間2万5000人!日本一の来場者を誇るサーキット施設「舞洲インフィニティサーキット」がリニューアル
 年間来場者数2万5000人で日本一の来場者数を誇るサーキット施設「舞洲インフィニティサーキット」が、2月9日(土)に「ISK大阪舞洲店」に改名し、リニューアルオープンいたします。「舞洲インフィニティサーキット」では、接客に力を入れたことでリピーター率45%を、一般の方にも楽しんで頂けるよう施設を運営したことで当店で初めてモータースポーツ体験をする方の割合が95%と、これまで多くのお客様に愛されてきました。

 今回のリニューアルオープンでは、よりお客様が入りやすく、「カートを運転しないお客様でもくつろげる空間に」と、日本で初めてカフェを併設したサーキット施設に生まれ変わります。カフェ「アメージングカフェ」は、店舗面積約198平方メートルの広々とした空間で、赤と白を基調にカントリー風の温かい雰囲気に仕上げます。カフェではコーヒを中心にドリンクを7種類揃え、パティシエが作った洋菓子を提供したく交渉を進めています。また、更衣室やパウダールーム、さらに授乳室、キッズコーナーも用意して、お子様連れの方でもくつろげる空間に仕上げました。

 コースも左回りから右回りに一新し、全4種類楽しめる新コースで、お客様の幅広いニーズにお応えできるようなサーキット施設に改装しました。関西唯一の「ジュニアカート」も、2台から6台に増やし、より多くのお子様に走行していただけます。2025年大阪万博開催決定により、注目を集めている大阪ベイエリアに位置することから、海外のお客様が増えることを想定して、オンライン通訳の対応も進めていきます。

 当社といたしましては、ハードルが高いとされているサーキット施設に、カートに乗らなくてもカフェとして利用できるようにカジュアルに足を運んでいただく施設をオープンし、お客様がカートの魅力に気づいてもらえるきっかけを作れたらと思っております。

■カフェ「アメージングカフェ」メニュー一部 ※価格は税込み価格です
◎メニュー一部
・ホットコーヒー 300円
・カフェラテ 350円
・洋菓子 300円~

■新コースのレイアウト
・旧コースレイアウト 全長 約450m※左回り
・新コースレイアウト 全長 約460m※右回り

■「ISK大阪舞洲店」店舗概要
店  名:ISK大阪舞洲店
住 所:大阪市此花区北港緑地2丁目
電話番号:06-6466-2022
営業時間:12時~22時(土・日・祝=10時~)
定 休 日:なし
敷地面積:約12000平方メートル
H   P:http://sportskart.com/

■カフェ「アメージングカフェ」店舗概要
店  名:アメージングカフェ
電話番号:06-6466-2022
営業時間:12時~22時(土・日・祝=10時~)
定 休 日:なし
店舗面積:約198平方メートル
席  数:約50席

■株式会社ISKについて
1997年9月に静岡県浜松市に「クイック浜名」を開設。2002年2月兵庫県に「グランプリカート三木」を開設(2012年で閉鎖)、翌年12月・大阪府に「舞洲インフィニティサーキット」開設、2008年3月には奈良県に「スポーツカート阪奈」を開設。2003年4月、未来を担う子供達の健全育成を目的に、幼児から入校できる「クイック浜名・ジュニアカートスクール」を開校。

授業は全て当社が用意する練習用のカートを使用し、「身体ひとつで通えるモータースポーツの学校・普通の習い事」を実現しています。この12年間のジュニアカートスクールで培った経験は、知的や精神にハンディを持つ人達にも力を発揮し、カートが安全で楽しいスポーツとして利用していただくようになりました。全国で複数のサーキット施設を運営しているのは弊社のみで、安心・安全な一般ユーザー専門店として運営しております。

今後もカートが持つ魅力「感動と達成感」を、より多くの人に伝えるために事業を展開してまいります。

是非、貴社媒体でお取扱い頂きますようお願い申し上げます。
ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。


◆お問合せ先

ISK大阪舞洲店(旧 舞洲インフィニティサーキット)担当者:佐藤 拓
TEL:06-6466-2022 MAIL:maishima@sportskart.com 

◆プレスリリース画像
旧コースレイアウト
旧コースレイアウト
新コースレイアウトイメージ
新コースレイアウトイメージ
◆プレスリリースPDF
【445.36 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部