2019年03月11日

外国人観光客の獲得に向けて取り組みを行っている粉浜本通商店街のHPが完成しました。海外からの観光客に分かりやすいHPを作成し、民泊施設も整えて、大阪観光、住吉大社観光の際に便利に利用いただけるように新しい取り組みを行っています。

粉浜本通商店街振興組合

粉浜本通商店街で活性化のため実施している、インバウンド客の獲得に向けてのHPが完成しました。また民泊施設の建設を合わせて行い、そこで体験型のイベントも実施していく予定です。

粉浜本通商店街

粉浜本通商店街

粉浜本通商店街は、外国人の訪問が増えている住吉大社から徒歩10分で、関西国際空港からもアクセスが良い環境ではありますが、外国人訪問者の取込みはまだ不十分な状態となっております。
そのため、当商店街では、大阪府の委託を受けた株式会社石井経営サポートの支援を受け、住吉大社に訪れた外国人訪問者が、参拝で終わるのでなく、商店街で気軽に日本の文化に触れてもらえるようにするため、インバウンド顧客に対する取り組みを実施しています。

この度、上記取り組みの一つとして、平成31年2月25日に外国語対応のホームページを開設しましたのでお知らせいたします。

【HPアドレス】粉浜本通商店街:http://kohama-ss.com

その他、美容室や飲食店においてもインバウンド客向けの決済手法導入、外国人向けメニューの準備や見せ方による販売拡大の工夫をしています。
また、観光拠点となる宿泊施設を用意することも必要と考え、当組合の副理事長が民泊施設を4月オープン予定で建設中です。なお、既に商店街内に民泊施設が1件新規で今年度開設されています。

 引き続き、インバウンド客に日本をさらに楽しんで頂くきっかけを作るとともに、本取り組みを通じて、空店舗が増加傾向となっている商店街の活性化を図って参ります。

◆プレスリリース画像
商店街内イメージ
商店街内イメージ
◆プレスリリースPDF
【591.69 KB】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。
メディア会員新規登録

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部