2019年04月11日

奈良県の学習塾が
関西経営品質賞で最高のシルバーを受賞
ユニークな「社内制度」で働き方改革をリード

株式会社ケーイーシー

奈良県で最大級の学習塾を運営する株式会社ケーイーシー(所在地:奈良県生駒市 代表:小椋義則)はブラックと言われる塾業界にあって、ユニークな経営手法、社内制度により社員の満足度を高めてきました。そしてこの度、関西経営品質協議会が実施する「関西経営品質賞」で最高のシルバーを受賞(ゴールド以上の受賞企業なし)。
2019年4月1日より働き方改革関連法が施行され、年休の取得が義務づけられるなど働く人の環境改善が急務です。当社は同法施行前から社内制度の改革に取り組み、下記のような制度が評価され、学習塾で唯一シルバーを受賞しました。

■意見を発信しやすい社風
・ベクトル共有勉強会
毎月1回、仕事・会社に対する考えを代表:小椋自らが共有する機会。小椋の話を聞いた上で、社員同士でディスカッション。堅苦しくならないよう講和の際は小椋代表が毎回仮装をして登場します。
・言いだーシップ制度
経営会議で企画書を提案できる制度です。企画者はそのプロジェクトのリーダーとなり、新規プロジェクトを推進することができ、成果によって報酬金が支払われます。
入社2年目でキャンプの企画書を提出し、実際に採用された例も。

■タテヨコの垣根を越えた社内交流
・古民家(コミンケ)~ション
檜風呂やピザ窯などを設け、大改築した古民家で社員向けの研修を実施。社員の家族を巻き込んでのBBQも行っています。
・ちょっといいことカード
メンバーの素敵な行動や感謝の気持ちをカードに記し、全社員に発表。お互いのいいところを積極的に見つけみんなで共有します。

■子育てや家族サービスを推奨する環境
・やまと西大寺KEC保育園の運営
学習塾教務担当者、ベテラン保育士、教育コンサルタント、社内のワーママ(ワーキングママ)の視点で作った企業主導型保育園。社内だけでなく地域の子育てもサポート。
・福利強制
管理職に3年に1度、7連休(有給5日+年休2日)をとらせる制度。休暇中はグループウェア閲覧や電話連絡等は一切禁止で、残ったメンバーの育成にも繋げます。しっかり家族サービスを行ったかをレポート提出してもらいます。

※ケーイーシーはこのほかにも様々な取り組みを行っています。ぜひご取材くださいますよう、よろしくお願いいたします。

株式会社ケーイーシーについて
奈良県で創立して、今年で42周年を迎える学習塾。奈良県を中心に約40教室を展開。特に国公立中学校への合格実績は西日本NO.1クラスです。2016年株式会社アンドリューと経営統合し、奈良県内で最大規模の学習塾となりました。経営統合時にはそれぞれの経営母体のイメージキャラクター同士が結婚式をする「企業結婚式」を行い、NHKの取材を受けるなど話題となりました。国内だけでなく、ベトナムに塾を開校するなど、海外展開にも力を入れています。


◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ先
電話=06-4708-3766 メール=pr@raple.co.jp
ケーイーシー広報事務局 担当=八尾、後藤

◆プレスリリース画像
福利強制レポートより「グランドキャニオン」
福利強制レポートより「グランドキャニオン」
◆プレスリリースPDF
【968.78 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記