2019年07月08日

元禄の京都を舞台に、タツノコプロ創設者の一人・九里一平と脚本家・酒井あきよしがタッグを組んだ描き下ろし完全新作伝奇剣劇漫画!

大胆なアクション描写、魅力的でエロティズムあふれるキャラクター、骨太なストーリー…現代では失われつつある、大人を魅了する一大伝奇剣劇漫画。
アニメ界の巨匠がタッグを組み、新たなヒーローが誕生する!

株式会社出版ワークス

通常版表紙

通常版表紙

書名 暗闇同心 鍔鳴剣屍郎 怨霊斬り
著者 九里一平 酒井あきよし

大胆なアクション描写、魅力的でエロティズムあふれるキャラクター、骨太なストーリー…現代では失われつつある、大人を魅了する一大伝奇剣劇漫画
アニメ界の巨匠がタッグを組み、新たなヒーローが誕生する!

「タツノコプロ創設者の一人・九里一平と脚本家・酒井あきよしがタッグを組んだ完全新作描き下ろしコミック!」

元禄の京都に現れる魑魅魍魎たちと異界の血を引く剣屍郎の死闘!
母の面影を持つ謎の女性・雪と剣屍郎の行く末は…!?

元禄の京都に起こる謎の怪奇事件の数々。悪僧・道鏡はこの世に恨みを残す悪霊たちを次々と蘇らせ何を企むのか…? 悪霊を発見するとカタカタと鍔鳴りを起こす妖刀を携える剣屍郎は、悪辣非道な道鏡率いる悪霊たちと死闘を繰り広げ、やがて母の面影を持つ謎の女性・雪と出会う。そして、異界の血を引き、決して人を愛することを許されない剣屍郎は、雪への愛情と己が宿命の間で苦悩する。

『マッハ三四郎』『紅三四郎』など漫画家として活躍し、タツノコプロ創設者の一人として『タイムボカンシリーズ』『とんでも戦士ムテキング』『ゴールドライタン』など数多くのアニメを生み出した九里一平が、長年温めていた自身の故郷・京都を舞台にした時代劇が本作『暗闇同心 鍔鳴剣屍郎 怨霊斬り』である。共同原作にタツノコプロ時代からの盟友であり、『宇宙戦士バルディオス』『科学忍者隊ガッチャマン』など数多くのアニメ作品やテレビドラマ作品の脚本で知られる酒井あきよしを迎え、九里一平が人生最後の漫画作品として10年以上をかけて描き下ろした完全新作伝奇剣劇漫画。漫画・アニメ界のレジェンドが人生を賭けた漫画史に残る作品である!!

[詳細]
2019年7月29日発売
仕様:
[通常版]B5判/336ページ/本文1色/並製オンデマンド本/定価 3983円(税別)
[限定特装版]B5判/336ページ/本文1色/並製オンデマンド本/九里一平直筆サイン入り/カバー付き/限定100部/定価 4630円(税別)
発行 出版ワークス
ISBN 978-4-907108-40-3

通常版:
本商品通常版は丸善ジュンク堂のオンデマンド出版となります。
ご購入は全国の丸善・ジュンク堂書店店頭の在庫検索機、またはネット書店honto(https://honto.jp)からご注文ください。

限定特装版:
本商品限定特装版は出版ワークス通販ページ(https://spnworks.thebase.in)のみの期間限定販売となります。
限定特装版予約受付期間:2019年7月2日10時〜7月29日17時

『鍔鳴剣屍郎』詳細 https://spn-works.com/tsubanari/

[プロフィール]
九里一平(くりいっぺい)
1940年生。『あばれ天狗』で漫画家デビュー。『マッハ三四郎』などの作品を発表し、人気漫画家として活躍する。タツノコプロ設立後、『宇宙エース』を皮切りに『科学忍者隊ガッチャマン』『ハクション大魔王』など日本を代表する多数のアニメ作品でプロデューサー、キャラクターデザイン、監督などを担当。2005年、タツノコプロを退社。一平舎を設立し、精力的な創作活動を続けている。漫画執筆は本作『鍔鳴剣屍郎』が最後となるが、80歳を目前に新たな境地を目指し創作活動を続けている。

酒井あきよし(さかいあきよし)
1942年生。大学卒業後にタツノコプロに入社。『樫の木モック』で脚本家デビューし、『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカンシリーズ』『ダッシュ勝平』など多数の作品で脚本、企画などを担当。1977年に鳥プロ設立に参加し『宇宙魔神ダイケンゴー』の原作・脚本を担当。同じく、原作・脚本を担当した『宇宙戦士バルディオス』は当時のアニメファンに大きな衝撃を与え、テレビ版放送終了後の1981年に映画版も公開された。アニメ作品以外にテレビドラマ作品の脚本も手がけている。

©︎ IPPEI KURI 2019, IPPEISHA 2019, AKIYOSHI SAKAI 2019

◆プレスリリース画像
特装版カバー
特装版カバー
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。
メディア会員新規登録

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記