2019年10月03日

タピオカの代わりに黒豆を代用した「黒豆ミルクティー」も!
「西紀SA下り線」で「黒豆まつり」10/5開催
~1カ月の間しか収穫できない稀少な黒枝豆も提供します~

西紀サービスエリア下り線

兵庫県・丹波篠山のサービスエリア「西紀サービスエリア下り線」(兵庫県丹波篠山市東木之部1)は10月5日、
黒枝豆の販売解禁に合わせ、黒豆ミルクティーや黒枝豆の販売など黒豆づくしの黒豆まつりを開催いたします。

■タピオカならぬ、「黒豆ミルクティー」や「黒いたい焼き」など、黒づくしの3週間!
 丹波篠山の豊かな気候で育まれた黒豆は粒の大きさ・ツヤともに素晴らしく、煮あがりの味の良さも抜群です。そんな黒豆を思う存分楽しんでいただこうと今回、黒豆をスイーツにアレンジしました。
 今回の黒豆まつりに際し、たい焼きコーナーを「城下町の甘味処」をコンセプトにリニューアルしました。まだまだ根強い人気を誇るタピオカミルクティーですが、同サービスエリアではタピオカの代わりに黒豆を使った「黒豆ミルクティー」(税込600円)を提供します。スタッフと試食を重ね、一番相性の良かったチョコソースとともに召し上がっていただきます。ストローで吸い込むと喉をつまらせて危ないので、スプーンで食べてくださいね。また、見た目も中身も真っ黒なたいやき「黒豆将軍」(税込280円)は、竹炭を練りこんだキメ細やかな生地で黒豆餡を包み込みました。クリーミーな栗の餡が入った黄色いたい焼き「栗姫」(税込240円)と一緒にどうぞ。「抹茶黒豆パン」(税込240円)はその見た目とは裏腹に、抹茶の香りとほのかな黒豆の甘さが相性抜群です。

 丹波篠山では黒枝豆もおいしい季節となります。1年の中で10月初旬から下旬までしかとれない希少な枝豆で、毎年この時期には黒枝豆を目的にして丹波篠山まで来られる方もいらっしゃいます。 そこで当サービスエリアでは、「黒枝豆三昧御膳」をはじめとする黒枝豆を使ったメニューも同時に提供します。当サービスエリアといたしましては、丹波篠山の名産品をより多くの方に知っていただき、旅の思い出づくりの一つになれたらと思っております。

■「黒豆まつり」開催概要
期  間:10月5日~10月28日
   (一部商品は10月9日開始。なくなり次第終了)
提供時間:メニューにより異なる
内  容:「黒豆将軍」「黒豆ミルクティー」など
     黒豆をふんだんに使ったメニューの提供

■西紀サービスエリア下り線について
西紀サービスエリア(にしきサービスエリア)下り線は、兵庫県丹波篠山市の舞鶴若狭自動車道北行き側のサービスエリアです。舞鶴若狭道唯一のサービスエリアであり、黒豆パンや黒豆ソフトクリームなど販売するほか、ドッグランや24時間営業のショッピングコーナーなどを併設しています。2017年夏に開催した、ガチャガチャで昼飯を決める企画「ガチャめし」では、帰省途中のご家族からカップル、遠方からお越しの方までたいへんなご好評をいただき、出たカプセルの数は累計で2万個を超えました。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
●担当:荻野(おぎの) TEL:079-593-1133 E-mail:junko.ogino@kohmei.co.jp

◆プレスリリース画像
黒枝豆三昧御膳
黒枝豆三昧御膳
抹茶黒豆パン
抹茶黒豆パン
◆プレスリリースPDF
【634.91 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記