2019年10月30日

ついに丹波篠山にもタピオカの時代到来!
「西紀SA下り線」でタピオカ尽くしのスイーツを販売開始
~タピオカの新たな可能性を提案します~

西紀サービスエリア下り線

兵庫県・丹波篠山のサービスエリア「西紀サービスエリア下り線」(兵庫県丹波篠山市東木之部1)は11月1日、タピオカをふんだんに使ったスイーツの販売を開始します。

これでもかとタピオカを盛った「タピオカコッペ」

■ついに丹波篠山にも来たタピオカフィーバー!タピオカの可能性を最大限引き出しました
 ブームが終わると言われて久しいタピオカ。しかし東京や大阪といった都心部では今もなお毎日のようにタピオカ店ができ、その勢いは衰えることを知りません。そしてついに都会とかけ離れた丹波篠山においてもタピオカが流行りだし、当サービスエリアでも遅ればせながら、タピオカの波に乗せていただくことになりました。
 コッペパンや、宇治金時、たい焼きなど普段目にする機会が多いスイーツではありますが、当サービスエリアはそれらを、タピオカを使って大胆にアレンジしました。試作品を見せた時のスタッフの反応は正直、いいものではありませんでしたが食べてみると予想以上においしく、商品化へとつながりました。以前はタピオカのかわりに黒豆を使った「黒豆ミルクティー」などを販売していましたが、ブームがきたことにより、胸を張ってタピオカを前面に押し出していきたいと思っております。
 当サービスエリアといたしましては、旅の途中に立ち寄っていただき、家族や友人、大切な人と盛り上がっていただくことで、旅の思い出づくりの一つになれたらと思っております。

■メニュー詳細
「タピオカコッペ」(420円)
黒蜜をしみこませたパンにホイップとタピオカをたっぷりと
トッピングしました。隠し味に黒豆きな粉を振りかけております。

「タピ金時」(650円)
宇治金時のあずきをタピオカで代用しました(あずき未使用)。
抹茶と黒蜜のハーモニーとタピオカの食感を楽しんでいただけます。

「タピ焼き」(280円)
タピオカとカスタードを包み込み、表面はカリっと焼き上げました。
生地とタピオカのもっちり感をダブルで楽しめます。
                          ※全て税込です
提 供 時 間:タピオカコッペ=9~19時、タピ金時=7~19時、
      タピ焼き=10~14時
      ※焼き上がり・仕込の状況により、時間は前後します
       ※売切次第、終了となる可能性もございます
提 供 期 間:11月1日~タピオカブームが終息するまで

■西紀サービスエリア下り線について
西紀サービスエリア(にしきサービスエリア)下り線は、兵庫県丹波篠山市の舞鶴若狭自動車道北行き側のサービスエリアです。舞鶴若狭道唯一のサービスエリアであり、黒豆パンや黒豆ソフトクリームなど販売するほか、ドッグランや24時間営業のショッピングコーナーなどを併設しています。2017年夏に開催した、ガチャガチャで昼飯を決める企画「ガチャめし」では、帰省途中のご家族からカップル、遠方からお越しの方までたいへんなご好評をいただき、出たカプセルの数は累計で2万個を超えました。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
●担当:荻野(おぎの) TEL:079-593-1133 E-mail:junko.ogino@kohmei.co.jp

◆プレスリリース画像
宇治金時のあずきをタピオカで代用した「タピ金時」
タピオカが入った「タピ焼き」
◆プレスリリースPDF
【620.44 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記