2020年01月17日

筆ペン1本、誰でも90分で習得できる新感覚の書画「己書」!
全国に1,000人以上の師範を持つ「日本己書道場」全国キャラバン
1/26 大阪・中之島で大阪初開催
”人気イケメン師範” も講演!右脳と左脳を同時に使うことで認知症予防効果も

一般社団法人 日本己書道場

一般社団法人日本己書道場(本部:愛知県名古屋市昭和区、代表:総師範 杉浦 正、以下 当法人)は2020年1月26日(日)、大阪市中央公会堂(住所:大阪府大阪市北区中之島1-1-27)で、全国を周って「己書」を広める活動「己書大阪キャラバン 」を初開催いたします。

■右脳と左脳を同時に使うことで認知症予防効果!名古屋を中心に全国に1,000人以上の師範を持つ「己書」
「己書」は書き方や書き順にとらわれることなく、自らが思うがまま、自由に筆を走らせ、自分の世界観を楽しく表現する新感覚の書で、2012(平成24)に総師範の杉浦正が始めました。コツさえ掴めば90分の幸座(己書では教室のことを”幸座”と呼びます)で誰もがハガキに絵と文字を入れられるようになります。正解・不正解がなく、字を書くことが苦手な人や、絵心がない人でも楽しめます。
 一般的に左脳は言語・文字を、右脳は感覚・運動を認識すると言われています。己書は文字でありながら絵のように表情を持たせて手で書くことから、右脳と左脳の両方が刺激され、認知症予防効果が実証されています。「幸座」を開く資格を持つ師範は全国に1,000人を突破し、北は北海道、南は沖縄まで世界で40か国、受講者は下は小学生から上は90歳代の方までいます。

■己書キャラバン大阪初開催!イケメン師範として人気のけんちゃん先生や総師範杉浦正も講演します
 己書キャラバンは己書の魅力をより多くの人に体験していただくために2018年に初開催。これまでに10都市で開催してきました。大阪では総師範の杉浦正ほか、イケメン師範として人気のけんちゃん先生が講演。書き順にとらわれることなく、自由に筆を走らせる「己」が出る新感覚の書を体験できます。
杉浦正総師範のほか、本部スタッフが一同に会しサポートしますので、己書を全く知らない人でも楽しめるイベントです。

「己書大阪キャラバン 」概要
日  時:2020年1月26日(日)  10時~12時、14時~16時
場  所:大阪市中央公会堂(大阪府大阪市北区中之島1-1-27 )
定  員:75名
受 講 料:2,200円
参加方法:電話にて受付(先着順)

※ページ下の返信状に必要事項をご記入の上、1月24日(金)15時までの返信をお願い申し上げます。

一般社団法人 日本己書道場について
1970年代後半からデザイナーとして活動していた杉浦正が2012(平成24)年、名古屋市で己書道場を開く。個展や幸座をより大規模に開催し、己書を一層社会に貢献できる文化にすべく2014(平成26)年3月に同道場を法人化。
2019年11月時点で師範の数は全国で1000人以上。師範の年齢別の構成比では、85%以上が女性、その中でも40代以上が70%を超えています。子供が成長し、新たな生活を送る中で「教える楽しみ」を見つけていただき、認知症予防にも繋がる新たな趣味として全国に広める活動を通して社会に貢献します。

ぜひ貴社媒体でのご取材いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
ご不明な点などございましたら、下記までご連絡下さいませ。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ先
 一般社団法人 日本己書道場 広報事務局  担当=やお、たむら
TEL:06-4708-3766 Email:pr@raple.co.jp

◆プレスリリース画像
総師範(写真右)
けんちゃん先生
返信シート
◆プレスリリースPDF
【810.92 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記