2020年05月20日

DIYで貼って剥がせる自己吸着タイプの遮熱シート
窓ガラス用透明遮熱シートZEROCOATシート発売開始

紫外線99%カット、体感温度マイナス10℃、飛散防止効果

ゼロコン株式会社

DIY用ZEROCOATシート

DIY用ZEROCOATシート

1.弊社の概要
 兵庫県尼崎市に2003年5月に設立、ケミカル会社と共同で窓ガラス用遮熱コーティング剤ZEROCOAT®(弊社の登録商標)の販売、施工をしております。ZEROCOAT®とは、専門施工業者が窓ガラスに塗装するだけで窓ガラスの透明性を保持しながら、色焼け、劣化の原因である紫外線と肌を刺す様なジリジリ感や人が暑く感じる原因である近赤外線の侵入を大幅にカットします。窓際の紫外線カット、温度上昇の抑制、省エネ効果が期待できる超耐候性の遮熱コーティング剤です。
弊社は国内外にZEROCOAT®の施工代理店を持っており国内の公共施設、ショッピングモール、店舗、オフィスビルや海外のホテル、店舗、国際空港など多数の施工実績があります。

2.DIYで貼れる「ZEROCOATシート」を開発した理由
一般の方から「自分で自宅の窓ガラスにZEROCOAT®を施工したい」と問い合わせを頂きます。
ZEROCOAT®は一般の方には施工が難しく、また、流通している遮熱フィルムも粘着剤(ノリ)が付いているので上手に施工するのは難しく、一般の方が簡単に施工できる遮熱商品がありませんでした。
 そこでZEROCOAT®の開発で培ってきた遮熱技術を生かして「一般の方でも安心して施工が出来る」、「遮熱効果が体感できる」遮熱商品を開発しようと思いZEROCOATシートの開発を始めました。

3.「ZEROCOATシート」について
 3.1 一般の方でも安心して施工が出来る
   粘着剤(ノリ)が付いてなくてもガラスに密着する自己吸着効果のある軟質塩ビシートを採用しました。粘着剤(ノリ)が付いていないので貼り位置調整が何度も出来て貼り直しも出来ます。
 剥がしたい時には端から簡単に剥がせるので賃貸物件でも使用できます。
 3.2 遮熱効果が体感できる
   軟質塩ビシートに独自技術である紫外線と近赤外線を吸収する金属ナノ粒子を練り混ぜてZEROCOATシートを製造しています。ZEROCOATシート貼付後はガラスの透明性を保持しながら紫外線を約99%カット、近赤外線を約70%カットします。実際に施工した窓ガラスの室内側温度を測定した結果、最大12℃の温度差がありました。
 3.3 台風等の飛来物による窓ガラスの飛散防止効果
   第3者機関で鉄球落下試験を行い台風等の飛来物からの飛散防止効果を確認しました。
 3.4 貼替目安(耐候性)
   第3者機関で促進耐候性試験を実施した結果、貼替目安は7年とします。(保証ではありません)

◆お問合せ先

会社名:ゼロコン株式会社
担当者:小林 俊之
TEL:06-6492-0659
MAIL:info@zerocon.co.jp

◆プレスリリース画像
ZEROCOATシート貼付後の温度測定結果
ZEROCOATシート貼付後の温度測定結果
台風等の飛来物からの窓ガラスの飛散防止効果(鉄球落下試験)
台風等の飛来物からの窓ガラスの飛散防止効果(鉄球落下試験)
◆プレスリリースPDF
【473.36 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記