2020年05月28日

コロナの影響で閉鎖した中国工場の代わりに頑張ってくれた国内工場に恩返しを!
大阪のオーダースーツ専門店 ツキムラが5/29から1着5万の国産スーツ無料企画
~実店舗休業やテレワーク普及で苦境のスーツ業界。万全の体制で頑張ります~

オーダースーツ専門店 ツキムラ

関西を中心に15店舗を展開する「オーダースーツ専門店 ツキムラ」(本社:大阪市西区江戸堀1-8-17 アール肥後橋 6F、代表:岸伸彦)は、5月29日(金)から通常価格1着5万円~の国内縫製オーダースーツを2着5万円(実質1着分無料)で販売する「メイドインジャパンフェア」を全店舗で開催いたします。

■コロナで主力の中国工場閉鎖!国内縫製スーツをお得に提供し助けてもらった仙台工場に恩返し
 当社は中国を中心にオーダースーツの縫製工場を持ち、そこで大量生産することにより3着5万円という低価格高品質のオーダースーツを提供し続けてきました。新型コロナウイルスの影響により、1月下旬より中国湖北省の縫製工場が立ち入り禁止となり、寧波工場、青島工場合わせて2,500着の納期遅れが発生しておりました。 2月3月は卒業式や入学式、入社式などオーダースーツ納品のピークであり、なんとかして商品をお客様に届けたいとの思いから、2月8日から差額を当社が負担し、仙台の契約工場で縫製を行いました。おかげさまで、ピーク時にはパンクしながらも、当社の商品を最優先で縫製いただき無事に納品ができましたが、緊急事態宣言に伴う休業で再び発注数が激減しております。現在中国の工場はすべて再開しておりますが、ピンチの時に助けていただいた仙台工場に恩返しがしたいとの思いから、1着5万円のスーツを2着5万円で販売する「メイドイジャパンフェア」を企画しました。テレワークの普及もあり、アパレルやスーツ業界は大変厳しい状況ですが、お客様には質のよいスーツをよりお得に提供し、仙台工場には通常の倍の数を発注できればと思っております。

■入店制限、マスク着用、消毒など感染予防をして営業再開!2回目以降のお客様にはリモート注文も
 緊急事態宣言の解除に伴い、5月27日から全店舖営業再開いたしました。安心してご来店いただけるよう、入店は2組まで、スタッフのマスク着用、こまめな消毒や換気を徹底いたします。1度でも当店をご利用いただいたお客様には、前回のデータを元にメールやお電話でのヒアリングをし、新たなオーダースーツを作るリモート注文も開始いたします。休業中にも20件以上のご注文連絡をいただいたり、コロナ太りで持っているスーツが合わなくなったという声があったり、スーツの需要を改めて感じております。ぜひこの機会に当店をご利用いただきたいなと思っております。

「メイドインジャパンフェア」概要
期間:2020年5月29日(金)~
内容:1着5万円(税抜)の国内縫製オーダースーツが2着5万円(税抜)
対象店舗:オーダースーツ専門店 ツキムラ 全店舗

「オーダースーツ専門店 ツキムラ」について
1925年(昭和元年)、現社長岸伸彦の祖父、月村保夫が奈良県に「月村洋服店」を創業。オーダースーツは高いという概念を無くしたい!との思いから、2002年に始めた「三着五万円」の価格設定で一躍話題となりました。95年目を迎える現在、関西を中心に15店舗(奈良4 店舗、京都3店舗、大阪4 店舗、兵庫2 店舗、滋賀1 店舗、東京1 店舗)の直営店を運営しております。暑い日にスーツで頑張る方にクールダウンを提供する「スーツピットインサービス」、上司と部下で来店したら部下の分のスーツがタダになる「スーツおごりサービス」、不採用通知の数だけスーツが安くなる「不採用割」など、様々な企画を行っております。

ぜひ貴社媒体でのご取材いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ先
 オーダースーツ専門店 ツキムラ 広報事務局  担当=やお・たむら
TEL:06-4708-3766 Email:pr@raple.co.jp

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
【597.56 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記