2020年06月30日

“辛さ”や“しびれ”を4段階から選べる「四川麻婆豆腐」が目玉メニュー
本町・船場センタービルの「サカホンキッチン」が6月1日
コロナ禍で営業再開を機に「麻辣専門店」に業態変更

サカホンキッチン

大阪・本町の健康食弁当店「サカホンキッチン」(大阪市中央区船場中央1-4-3船場センタービル3号館B2ジョイ船場50内)は、6月1日(月)に営業を再開し、玄米と30品目の食材を使った健康食弁当店から麻婆豆腐や麻辣担々麺を提供する「麻辣専門店」へ業態変更しました。

辛さが選べる「四川麻婆豆腐」

辛さが選べる「四川麻婆豆腐」

■コロナ禍を乗り越え「麻辣専門店」として再出発。目玉メニューは辛さが選べる「四川麻婆豆腐」。
当店は、「美味しくて元気になるお料理を食べてもらいたい」と、玄米と30品目の食材を使った健康食弁当店として4月6日(月)オープン。翌日の4月7日(火)に発表された、緊急事態宣言による外出自粛の影響で、オープン10日余りで休業を余儀なくされました。6月1日(月)の営業開始にあたり、北村琉哉料理⾧が北新地の中国料理店で腕を磨いた経験を活かし、一番自信のある麻婆豆腐を看板メニューに「麻辣専門店」として業態を変更し、再出発するとこにしました。

「四川麻婆豆腐」(1,089円)は、辛みだけでなく、甘みやコクも感じられるよう、低温で⾧時間かけてとった鶏ガラのだしや熟成した豆板醬、極粗の豚ミンチを使用。麻婆がよく絡むように、豆腐は手でちぎります。しびれの「麻」と辛さの「辣」を、お客さまのお好みに合わせ、4段階からお選びいただけます。

当店は船場センタービル地下2階に位置し、昼は近隣にお勤めの方に利用してもらおうと、四川麻婆豆腐や麻辣担々麺などをメインにしたランチメニューを4種(各1,000円)を用意しました。お客さまがオーダーシートに注文を書いて、料理を取りに来てもらうセルフサービスを導入しています。夜は、麻辣料理のほか、にんにくを使用せず、酢とこしょうで食べる「肉汁たっぷりの焼き餃子」(10個649円)や、7種類の餃子や黒酢を使った「黒酢油淋鶏」(759円)、杏仁豆腐が苦手な料理⾧が考案し、癖が少なくさっぱりとした「酒粕の杏仁豆腐」(550円)など、一味アレンジを加えた創作中華料理をお楽しみいただけます。

当店は、遠方からも「四川麻婆豆腐」を目当てに来店していただけるような「麻辣専門店」を目指してまいりたいと思います。

※価格はすべて税込です。

■店舗概要
店 名 : サカホンキッチン
所在地 : 大阪市中央区船場中央1-4-3船場センタービル3号館B2ジョイ船場50内
電 話 : 06-6282-7654(サカホン酒場内)
営業時間: 平日11時30分~14時、18時~22時
      土曜11時30分~14時、15時~20時
定休日 : 日曜・祝日
席 数 : 34席
店舗面積: 約33坪
公式インスタグラム: https://www.instagram.com/sakahonkitchen

是非、貴社媒体での掲載のご検討をお願い致します。ご不明な点がございましたらお気軽にお尋ね下さい。

◆お問合せ先

~ 取材についてのお問合せ先~
サカホンキッチン
担 当 = こしだ なな
電 話 = 090-7760-8966
メール = sakahonkitchen@gmail.com

◆プレスリリース画像
ミンチたっぷりの「麻辣担々麺」
ミンチたっぷりの「麻辣担々麺」
「肉汁たっぷり焼き餃子」
「肉汁たっぷり焼き餃子」
店舗外観
店舗外観
◆プレスリリースPDF
【1.2 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記