2020年07月27日

AI時代の人材養成へ、京都橘大学 新たに工・経済・経営学部を新設
リモート型社会に対応する未来の講義スタイルを初お披露目!
最新技術「HoloLens 2」 MRを用いた「FUTURE CLASS」
8月2日(土)・3日(日)オープンキャンパスも開催!

京都橘大学

 京都橘大学(所在地:京都府京都市 学長:日比野英子)は、2021年より新たに工学部、経済学部、経営学部の3学部が設立することに伴い、最新技術 「HoloLens2(ホロレンズ2)」MR(複合現実)を用いた「FUTURE CLASS」の体験会を開始します。また、その内容を紹介する動画も公開いたします。
 初お披露目となるのは、8月1日(土)、8月2日(日)に実施するオープンキャンパスとなります。
 「HoloLens2」MRは、頭に装着するホログラフィックコンピューティングヘッドセット。自分がその場にいながらバーチャルな空間と融合した世界が体験できます。

Mixed Reality(複合現実)の技術を用いた未来の講義スタイルを体験ください!

 8月1日(土)、2日(日)に、京都橘大学にて、最新技術「HoloLens2(ホロレンズ2)」を使用した体験授業を実施。MR(複合現実)を可能にするウェアラブルデバイスによって近未来の授業を体験いただけます。
<開催日>2020年8月1日(土)、8月2日(日) 両日とも、15:15~16:15
<開催場所>京都橘大学 優心館 E305教室
※取材ご希望のメディアの方は、最下部に記載のお問い合わせ先までご連絡ください。

【「FUTURE CLASS」イメージ動画 YouTube URL】 https://youtu.be/_LkmDVEOvBs

■最新技術「HoloLens2」を用いた「FUTURE CLASS」概要

MR(複合現実)とは、ARの進化版として注目される技術です。現実世界として目の前で行われている講義と連動し、バーチャル世界を同時体験することができます。この技術によって、これまでの講義の常識を覆すような、立体的且つ詳細な情報を瞬時にキャッチすることが可能となります。
また、英語の同時通訳も可能となる上、同じMR空間を複数の人間が同時体験することができることから、リモート型社会における新しいコミュニケーションの在り方として注目いただけると考えております。
英語の同時通訳も対応していることから、グローバルな交流にも活用できる取り組みのひとつと言えそうです。

<体験コンテンツ>
1.エアータブレットを使って学科別紹介のメモを取り、メールで送る
学科別紹介の講義を通して、あらかじめテキスト化されている授業内容を閲覧しながら、エアータブレットを使ってメモを記入することができます。
2.MR(複合現実)世界で学部別紹介の動画や新校舎の3Dホログラムを見る
 学部紹介の動画や新校舎の3Dホログラムを通して、3Dホログラムと動画、画像を同時に確認できる機能を体験していただきます。
3.MR(複合現実)世界で同時翻訳による字幕表示を見る
 日本語から英語、英語から日本語、と翻訳できる同時翻訳機能を体験していただきます。この機能では、日本に来ている留学生も日本語で話されている授業内容がリアルタイムに英訳翻訳されたテキストを見ることができるため、日本の学生と同じ環境にて平等な授業を受けることができます。
<「HoloLens2」>
 マイクロソフトが発売する「HoloLens2」は、3D グラフィックなどで作られた映像や画像(ホログラム)を、現実世界に重ね合わせて表示することで、目の前に実物があるかのように見たり、動かしたりできる技術「Mixed Reality」(複合現実)を実現する、マイクロソフトのヘッドマウント ディスプレイの第2世代製品です。https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens

京都橘大学 2021年度オープンキャンパス
2020年8月1日(土)、8月2日(日)両日ともオープンキャンパスを実施(WEBでも同時開催)
<京都橘大学WEBオープンキャンパス 特設サイト>https://www.tachibana-u.ac.jp/admission/weboc/

◆お問合せ先

会社名:株式会社CCPR 
担当者:水上
TEL:03-5459-0297 
FAX:03-5428-4647
MOBILE:050-5434-8430 
MAIL:mizukami@ccpr.jp

◆プレスリリース画像
HoloLens2
HoloLens2
◆Youtube動画

「FUTURE CLASS」イメージ動画

◆プレスリリースPDF
【1000.47 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記