2020年10月06日

京都女子大学の初のオンライン大学祭(11月1日~3日)を資生堂がサポートします!
リモートアンケートで抽出した600人の女子大生の美容の悩みに
資生堂と京都の化粧品専門店が答える動画コンテンツを学生実行委員と制作

10月11日(日)14:00~学生と資生堂がオンライン大学祭のための動画撮影を実施【取材可能】
場所:京都女子大学 図書館交流の床(京都市東山区今熊野北日吉町35)

資生堂ジャパン株式会社近畿支社

資生堂ジャパン近畿支社は、京都女子大学(京都市東山区今熊野北日吉町35)が11月1日~3日まで開催する初のオンライン大学祭「大学創基100周年記念第73回藤花祭」をサポートします。10月11日(日)には、京都女子大学藤花祭実行委員会の学生と大学祭特設ページに載せるための動画撮影を行います。

資生堂と実行委員会によるリモート打ち合わせの様子

資生堂と実行委員会によるリモート打ち合わせの様子

■オンラインで進める大学祭に挑戦する学生、初のオンライン大学祭を資生堂と地元化粧品店がサポート
 今年で73回を迎える歴史ある大学祭「京都女子大学 藤花祭」。今年はこのコロナ禍により、初めての試みとしてオンライン大学祭を開催することとなりました。従来3日間行われていましたが、初のオンライン大学祭ということで今回は11月1日から3日間 (※3月31日までの5か月間動画コンテンツを視聴可)実施します。
 オンライン大学祭は、京都女子大学大学祭特設ページにタイムテーブルが設けられ、誰でも好きな動画を選んで視聴することができるシステムで運営されます。

 今回、私ども資生堂ジャパン株式会社近畿支社は学生の懸命に取り組む姿や、コロナ禍においても前向きな取り組みに心を動かされ、応援したいと思ったことから、また、コロナ禍で対面接客の機会が減少している化粧品専門店と学生の接点を作りたいとの思いから、地元の化粧品専門店 HIKARI ポルタ店の協力を得て、サポートさせていただくことになりました。
 学生らは、リモートの打ち合わせを経て、オンラインで約600名の学生らにアンケートを取り、テーマを設定。それに基づき、動画の撮影内容を考え、約60分の動画を制作します。また、 HIKARI ポルタ店には、動画の合間に入れるCM制作や動画と連携した化粧品プレゼント企画などに協力いただき、オンラインとオフラインでの関係性作りを目指します。

 アンケートに回答した学生の600名のうち73%がSNSから情報得ているという結果から、若い世代へのアプローチ方法として今後、SNSを使用した情報発信により力をいれていきたいと改めて考えました。
 
■動画撮影の概要
日時:2020年10月11日(日)14時~16時
場所:京都女子大学 図書館交流の床 (住所:京都市東山区今熊野北日吉町35)
   ※A門正面入口にお越し頂き畑中までお電話下さい

ご取材のポイント:
・初のオンライン大学祭実施や動画撮影など試行錯誤する学生の姿をご取材ください。
・学生や資生堂のビューティーコンサルタント・HIKARI ポルタ店スタッフへのインタビューが可能 ※ご取材頂ける場合は、10月9日14時までに、以下問い合わせ先の畑中までご連絡下さい。

■京都女子大学藤花祭実行委員会の学生と資生堂のコメント
3回生 沼田薫さん
「資生堂」といえば、男女ともに知らない人はいない、世界に名を轟かす化粧品ブランド!そのような会社とこの度初めてご一緒させていただけることになり、大変光栄に思っております。私は大学入学時に資生堂様の美容部員様からメイクの基礎知識を一から教えていただき、それをきっかけに化粧をすることで自信がつき、人を内からも外からも美しく輝かせてくれることを知りました。家にいる時間が増えた今だからこそ、美を磨くチャンスです。皆様の現状にお役立てできるものをお届けいたしますので、是非お楽しみに!!

2回生 近藤優衣さん
「この度の大学祭におきまして化粧品業界最大手の資生堂ジャパン株式会社様にご協賛いただきましたことを非常に嬉しく思います。私は、大学入学後から化粧を始めましたが、知識やスキルが全くなかったため、友達や化粧品売り場の方から教えていただき、手探りで化粧をしていました。もっと化粧や美容に関することを知りたいと思っていた時にご協賛のお話があり、是非ご一緒にお仕事をさせていただきたいと思いました。

1回生 橋本琴音さん
化粧品と言えばというと思い浮かぶNo.1のブランドである資生堂様と一緒に活動させていただけることを有難く思います。私は、小学生の頃にダンスの発表会を機会に初めて化粧品を買ってもらいました。それがマジョリカマジョルカのアイシャドウでした。今でもとてもうれしかったことを覚えています。化粧品は私を幸せにさせてくれます。少しでも多くの方が化粧品を楽しく使うことができるような機会になるよう一生懸命頑張りたいと思います。

資生堂ジャパン株式会社 近畿支社 畑中 美紀
今回、美容大好きな学生さんと新たな取り組みができ、とてもうれしく思っています。先述してますように、彼女たちのひた向きに取り組む姿に感銘をうけました。化粧の力はこのようなコロナ禍でも人を元気にしてくれます。また、非接触での買い物も増える中、自分に合うメイクやスキンケア選びには人と人との繋がりは欠かせません。そういった点で、しっかりとしたカウンセリングスキルがあり化粧のプロである化粧品専門店を知っていただく機会にしたいと思います。

京都女子大学藤花祭について https://www.kyoto-wu.ac.jp/
Twitter:@toka11_official Instagram:@toka11_official/

HIKARI 京都ポルタ店について
HP:http://www.drug-hikari.co.jp/

是非、貴社媒体でお取扱いして頂きますようお願い申し上げます。
不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
資生堂ジャパン株式会社 近畿支社 担当:畑中
 TEL:070-2498-2658 
メール:miki.hatanaka1@shiseido.com

◆プレスリリース画像
対面での最終打ち合わせの様子(今月3日)
対面での最終打ち合わせの様子(今月3日)
沼田薫さん
沼田薫さん
近藤優衣さん
近藤優衣さん
橋本琴音さん
橋本琴音さん
◆プレスリリースPDF
【948.31 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記