2021年02月15日

がん治療で悩むお客様の心を、美容師の立場から支えたい

お客様への思いが強過ぎて、市議会議員に直接会いに行ってしまうアグレッシブなオーナーがいる美容室QATARE

hair make QUATRE【キャトル】

医療用ウィッグの導入から、全室個室、さらにはホワイトニングまで導入する理由は、
お客様の幸せのお手伝いをしたいから

QATAREスタッフ

QATAREスタッフ

JR元町駅から東へ徒歩1分の好アクセスな場所で美容室を構えるhair make QUATRE【キャトル】は全室個室で、静かな空間の中、ゆったりと他人を気にせずリラックスができる店舗です。そんなQUATREが数年前から力を入れている取り組みが医療用ウィッグです。

導入の経緯は、ある常連のお客様が急に来店しなくなってからしばらく経ち、久々にそのお客様が来店された際に理由を尋ねた所、がんの闘病による副作用で髪が抜け落ち、美容室に通う必要がなくなってしまったからでした。

その時、髪に携わるプロが、髪の悩みに対処し、ウィッグの提案をしてあげることができなかった恥ずかしさから、医療用ウィッグを導入し、店舗も全室個室へ改装、がん治療による髪の悩みを持つお客様も安心して通える美容室へと進化しました。それでも満足しないオーナーの浜田さんの目は、高額な医療用ウィッグに注目、他都市では医療用ウィッグの費用助成制度があるのに、美容の街神戸に何故、費用助成の制度が無いのかと疑問に思い、なんと市議会議員に直接提案。現場の生の声が届いた結果か、兵庫県が2021年度、医療用ウィッグの購入費などを一部補助する制度を創設する方針を固めました。

動き出したらとことんの浜田オーナーはさらに人工皮膚まつ毛をメニューに取り入れるなど、自店のラインナップも強化。お客様の心のニーズに応える為に創業9年たった今でも、アグレッシブに色々な風を取り入れています。その浜田オーナーの行動力や好奇心旺盛な性格はホームページのメニューの多さを見ればわかると思います。最近ではヘアカラーの合間にと、ホワイトニングの機材を導入し、最早なんでも屋さんです。さまざまなことに挑戦し続ける理由は、お客様を笑顔にする為、といいつつも一番笑顔でいるのは浜田オーナー本人かもしれません。

【店舗情報】詳しくはホームページをご覧ください
エイジングケアサロン hair makeQUATREキャトル
神戸市中央区北長狭通3-2-6KBCビル4F
QATARE HP→https://quatre-hairmake.com/
QATARE 医療用ウィッグ専用ページ→https://quatre-wig.com/

◆お問合せ先

会社名:hair make QUATRE【キャトル】
担当者:浜田 樺
TEL:078-778-0803
MAIL:quatre@kobe.zaq.jp

◆プレスリリース画像
医療用ウィッグ①
医療用ウィッグ①
医療用ウィッグ②
医療用ウィッグ②
QATAREスタッフ
QATAREスタッフ
QATAREスタッフ
QATAREスタッフ
完全個室はパーティションが開閉式の為、友達とも楽しめます
完全個室はパーティションが開閉式の為、友達とも楽しめます
完全個室なプライベート空間
完全個室なプライベート空間
価格表
価格表
◆プレスリリースPDF
【2.68 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記