2021年04月26日

“くらし”を提案するパナソニックのショウルーム
梅田・「パナソニックセンター大阪」に累計1,500万人が来場
2013年のオープンから8年で達成。新しい共創価値をこれからも提供します

パナソニックセンター大阪

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)のショウルーム「パナソニックセンター大阪」(大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 南館内)の来場者が、2021年4月17日(土)に累計1,500万人(※)を突破しました。
※ 2013年4月のオープン以降

1,500万人目のお客様を迎えてのセレモニー風景

1,500万人目のお客様を迎えてのセレモニー風景

■開業8年で1,500万人が来場。これからも新しい共創価値を提供します
パナソニックセンター大阪は、2013年4月26日、お客様とともに新たなくらし価値を創る「共創」をコンセプトにオープンしました。2016年7月にはHomes & Livingの旗艦拠点として大幅にリニューアルし、2018年1月 ご来場者1,000万人を達成。本年8周年を迎えます。
昨今、大きく社会が変化する中、従来からご提供している自分らしい憧れのライフスタイル提案や実現までのサポートサービスに加え、2021年4月にオープンした身近な社会課題を知り・考え・行動する場を活用し、幅広い世代の方々に、パナソニックセンター大阪の新しい共創価値を提供してまいります。
今後も、パナソニックの理念である「企業は社会の公器」の考え方のもと、企業市民として、お客様一人ひとりのお困りごとに寄り添い、より良いくらしの創造、より良い社会の実現に向けて取り組んでいきます。

■1,500万人目のお客様からのコメント
「パナソニックセンター大阪は、セミナーやワークショップがたくさんあり、勉強になるし楽しい。そして、なにより私たちのやりたいことや望むことに真剣に耳を傾けてサポートしてくれる。これからも、いろんなことを体験させて欲しいと思いますね。今後、リフォームを考えているので、相談にも乗って欲しい。引き続き利用させていただきたいと思います」

■淺田洋史(あさだ ひろし)所長のコメント
2021年3月3日~5月31日までの約3か月間新型コロナウイルスの影響で休館となりましたが、こうして無事に1500万人目のお客様をお迎えできたことに喜びを感じています。これもひとえに、感染対策を徹底してのセミナーやワークショップ等に足を運んでいただいたお客様の支えがあってのことだと感謝しています。今後も安心して楽しんでいただける施設を目指し、お客様一人ひとりの“くらし”に寄り添い続けて参ります。

■パナソニックセンター大阪
「Re-Life Story(リライフストーリー)~もっと、くらしを、豊かに。」をテーマに、ライフスタイル、
趣味、健康・美容、子育てなど、お客様とのコミュニケーションを通じて、一人ひとりが理想とするくらしを見つけ、かなえていただくためのショウルームです。
理想のくらしを叶えていただくサービスとして、リフォームやインテリアデザイン、不動産、ファイナンシャル、介護など、専門のコンシェルジュがさまざまなご相談にお応えします。また、ライフスタイル展示や多種多様なセミナー、地球環境に優しいカフェや身近な社会課題解決を目的としたワークショップなど、ここでしか体験できない豊富なコンテンツでお客様をお迎えします。

パナソニックセンター大阪では、施設の衛生管理やソーシャルディスタンスの確保など、様々な感染防止策を実施し、お客様に安全・安心にご利用いただけるよう取り組んでいます。
※ 新型コロナウイルス感染拡大防止に関する取り組みの詳細は同センターのホームページをご確認ください。

【パナソニックセンター大阪 施設案内 ショウルームの楽しみ方】 全方位360°の3D映像で、パナソニックセンター大阪の館内をご見学いただけます
https://www.panasonic.com/jp/corporate/center-osaka/enjoy.html

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
パナソニックセンター大阪 担当:木村
TEL:0800-170-3860(受付時間 11時~19時)

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
【916.53 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記