2021年07月06日

高校生が農家と直接交渉し、規格外野菜を預かり販売します
大阪・梅田のパナソニックセンター大阪で規格外野菜を扱うマルシェ 7/18 開催
~売り上げは全額農家へ還元!!パナソニックがSDGsに関心のある若者を応援します~

パナソニックセンター大阪

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)のショウルーム「パナソニックセンター大阪」(大阪市北区)は7月18日、 『ウメキキマルシェ×四條畷学園高校「STAR」』を開催します。四條畷学園高校の生徒らが、規格外商品を抱える農家から野菜を預かり販売するイベントです。

main image

商店街でのマルシェの様子

■きっかけはSDGsイベント。規格外野菜の認知度と需要の向上を目指す四條畷学園高校に賞を授与
 本イベントのきっかけは2021年3月に行われた「SDGs QUEST みらい甲子園 関西大会」です。「SDGs QUEST みらい甲子園」は高校生がSDGsを探求し、社会課題解決に向けたアイディアを発表・表彰する大会です。パナソニックセンター大阪は、社会課題に向き合う若い仲間を応援したいという想いから、関西エリア大会に協賛。「規格外野菜を消費し、フードロスを減らそう」をテーマに規格外野菜の認知度と需要UPのアイディアを発表した四條畷学園高校のチーム「STAR」に「パナソニック賞」を授与しました。近隣の農家に直接インタビューを行なったり商店街で販売したりといった行動力、パナソニックセンター大阪内にある地産地消カフェの理念との調和が受賞の理由となりました。

 同館でもこの動きを後押ししようと本イベント『ウメキキマルシェ×四條畷学園高校「STAR」』を高校生と一緒に企画。高校生らが全国の農家を対象にイベントへの参画を直接交渉。スケジュールの関係から5件の農家が参加することになりました。当日は、トマト・イチゴ・ニンジンなど野菜を販売するほか、ハーバリウムも販売します。ハーバリウムについては、「独特な形をしている規格外野菜だからこそその個性に焦点を当てたい」と、リーダーの川口凛寧さんが中心となって企画しました。売り上げは、ハーバリウムの制作費用など経費を控除して全額を参加いただいた農家さんに還元します。

■イベント詳細
日 時:7月18日(日) 13時~15時
場 所:パナソニックセンター大阪2階「Life Switch STAND」
    (大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪南館2F)
内 容:高校生による規格外野菜や、ハーバリウムの販売

※ご出席いただける方は、リリース3枚目の返信シートに必要事項を記入の上、7月16日(金)15時までにご送信くださいませ。

■補足資料:パナソニックセンター大阪「あるままBASE」について
パナソニックセンター大阪1階に今年4月にオープンした、新コーナー。 若者たちの「もっとこんな社会にしたい」という想いやアクションを応援することで、SDGsの達成や、 他のさまざまな社会課題の解決促進を目指しています。
関連URL: https://www.panasonic.com/jp/corporate/center-osaka/about/arumama_base.html

■四條畷学園高校「STAR」について
 規格外野菜に焦点を当て、食品ロスを減らそうと活動する四條畷学園高校の生徒4名で構成するチーム。SDGsに関するアイデアを考える授業で『食品ロス』に興味を持った生徒たちが集まってチームが発足しました。

 インスタグラムのアカウントも同年11月に開設。現在約2100人のフォロワーを抱えます。

■「STAR」リーダー:川口凛寧さんのコメント
SDGsに関するアイディアを考える授業で、私たちは「食品ロス」に興味を持ちました。とくに、栄養価や味は普通の野菜と変わらないのにサイズや形が基準に満たないだけで廃棄される「規格外野菜」に注目。生産者である農家さんや販売を行う八百屋さんに直接インタビューを行い、立場によって異なる意見があると気づきました。頭で考えるだけでなくまず行動!を心がけ、農家さんから譲り受けた規格外野菜を四條畷商店街で売り出し、規格外野菜の認知度アップに挑戦しました。

 先生をはじめ、地域の方々にもたくさん助けていただいて活動を続けた結果がパナソニック賞の受賞につながり、嬉しく思っています。これまで「行動」メインだった活動を、次は「発信」につなげ、食品ロス削減の輪を広げていきたいです。

■絵本作家:谷口智則先生(四條畷市ご出身)から「STAR」に向けた応援メッセージ
 絵本作家の谷口智則先生はこれまでパナソニックセンター大阪内で絵本の読み聞かせ会などを定期的に開催するほか、「あるままBASE」のオープニングにも参画していただいております。

 そしてご自身も四條畷市ご出身であるということから今回の企画にも賛同いただき、「STAR」の生徒に向けた応援メッセージもいただきました。

■SDGs QUEST みらい甲子園について
 持続可能な社会の担い手である高校生が社会とつながり、主体的に考えて行動し、表現する機会を創出する場として2019年度から開催されている大会です。2回目となる2020度大会は全国から1444名・373チームが参加。北海道エリア大会、神奈川県大会、東海エリア大会、関西エリア大会の4つの大会で受賞アイディアが発表されました。受賞をゴールとするのではなく、一人ひとりが“自分ごと”として社会課題に向き合うきっかけづくり、参加による多様な人たちとの交流に主軸を置いて運営されています。

■施設概要
施 設 名 :パナソニックセンター大阪
住  所:大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪南館2F~地下1F
開館時間:2階・1階 リライフフロア:11時~20時 ※一部サービスは18時まで
     地下1階 リビングフロア :11時~18時 ※事前ご予約優先制
休 館 日 :不定休(地下1Fリビングフロアは、夏季・年末年始休館)
お問い合わせ:0800-170-3860(フリーコール)
H   P:https://panasonic.com/jp/center-Osaka/

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
パナソニックセンター大阪 広報事務局 担当:八尾/田村
TEL:06-4708-3766  E-mail:[email protected]

◆プレスリリース画像
file2_title
授賞式の様子
file3_title
file4_title
「STAR」のメンバー
file5_title
パナソニックとの打ち合わせの様子
file6_title
file7_title
取材申し込み書
◆プレスリリースPDF
【985 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記