2021年07月14日

無観客(休館)が続いたグランフロントの施設とプロサッカーチームが協力!
梅田・「パナソニックセンター大阪」で「森のタンブラー」7/21 販売
~ビール生産時に出るロス材料で製作。ガンバエキスポオリジナルデザイン入り~

パナソニックセンター大阪

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)のショウルーム「パナソニックセンター大阪」(大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 南館内)は7月21日から、「森のタンブラー」を販売します。ビール生産時に出る粉砕された麦芽を主原料に、石川県の伝統工芸を用いて製作した環境配慮型タンブラーです。販売にあたってガンバ大阪と協力し、オリジナルデザインの入った限定版を300個限定で提供します。

■ともに無観客(休館)が続いた施設とスポーツチームが協力!異業種間コラボで新たな層を開拓
 緊急事態宣言の発令により、グランフロント大阪は4月25日から5月31日まで休館し、6月1日から平日に限り全面営業を再開しました。現在は土日も営業を再開し、客足も少しずつ回復しています。パナソニックがオフィシャルパートナーを務めるガンバ大阪も、無観客試合や、来場者の入場制限が続いています。
 そこでパナソニックセンター大阪ではガンバ大阪と共同で、限定商品の販売を企画。これまで関心の薄かった層へそれぞれアプローチすることことを目的にコラボレーション商品の発売とそれに合わせたイベントを実施します。
 「森のタンブラー」はパナソニックが2019年からテスト販売を始めた製品で、当初は間伐材などの木材から精製したパルプを主原料としていました。廃棄する際にも紙製品として分類することができ、プラスチックごみ削減への寄与を期待できます。さらに今年2月には、ビールを作る際に出る粉砕された麦芽を主原料に、石川県の伝統工芸を用いた「森のタンブラー MUGI」を開発しました。今回の限定商品は「森のタンブラー MUGI」に、限定デザインを刻印して販売します。

■限定商品の詳細
商品名: GAMBA EXPO 2021オリジナルデザイン
    「森のタンブラー MUGI」
販売日:7月21日~
価 格:税込2,200円
販売数:限定300個

■イベント詳細
日 時:8月21日・22日、13時~18時
場 所:パナソニックセンター大阪
対 象:GAMBA EXPO 2021オリジナルデザイン
    「森のタンブラー MUGI」を購入された方
内 容:名前・好みのロゴなどを刻印いたします
費 用:無料

■購入者特典!ガンバ大阪の試合を観戦してオリジナルネックストラップをプレゼント
日 時:8月21日(土) FC東京戦
場 所:パナソニックスタジアム吹田 場外広場Gパーク 特設ブース
条 件:GAMBA EXPO 2021オリジナルデザイン
    「森のタンブラー MUGI」を購入した際の引換券をご提示ください
費 用:無料
※引換券を紛失・破損された方にはお渡しできません
※試合終了後、試合日以外の配布はございません
※状況により配布が出来ない場合があることをあらかじめご了承ください

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
パナソニックセンター大阪 広報事務局 担当:八尾/田村
TEL:06-4708-3766  E-mail:pr@raple.co.jp

◆プレスリリース画像
前回のイベントの様子
前回のイベントの様子
前回のイベントの様子
前回のイベントの様子
◆プレスリリースPDF
【626.67 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記