2021年07月16日

大阪のクラフトビアバー「スタンドうみねこ」がセレッソ大阪とタッグ
クラフトビール22タップを搭載した日本初の「ビアサーバーカー」が誕生
~7月17日長居公園で初営業。イベントや野外、会社などで“出張ビアバー”を~

株式会社シクロ

 ビール醸造所「Derailleur Brew Works(ディレイラ ブリュー ワークス)」(大阪市西成区)やビールスタンド「スタンドうみねこ」「スタンドうみねこはなれ」(ともに中央区)「スタンドうみねこコト」(京都市中京区)などの飲食店などを展開する、株式会社シクロ(所在地:大阪市西成区鶴見橋1-6-32、代表:山﨑 昌宣)は、サッカークラブ セレッソ大阪とタッグを組み、日本初のクラフトビール22タップを搭載した「ビアサーバーカー」を7月17日から開始いたします。

■クラフトビール22タップを搭載した日本初の「ビアサーバーカー」誕生!コロナ禍でもビールを楽しんで
 コロナ禍で酒類の提供に制限が設けられ、ビール醸造所やビールスタンドを展開している当社は大きなダメージを受けておりました。そんな中、昨年11月にセレッソ大阪からホームスタジアムの長居公園での出店のお話をいただいたことをきっかけに、イベントだけでなく、さまざまな場所に出店可能な「日本初のビアサーバーカー」を作りたいという思いが生まれました。日本初のビアサーバーカーなので、前例がないことが多く、全てが手探りの状況でしたが、愛媛県で「走る居酒屋」を展開されている株式会社OVE Enterprise【サムライダイニング】 大政大祐様、うみねこでのタップ施工を手掛ける株式会社サンヨー厨機製作所 竹本昌史様から協力を得ることができました。「大阪から東京といった、長距離移動を見越したフードトラックの仕様にすること」「ビールサーバー用の冷蔵庫のトラックへの搬入と施工」「保健所とのやりとり」など、さまざまなハードルがありましたが、今年の3月に着工、6月に無事完成を迎えました。店舗での提供だけでなく、イベントやビーチ、キャンプ場などの野外スペース、会社などへ「ビアサーバーカー」で出張することで、注ぎたてのクラフトビールとビールに合うフードを味わっていただき、これまで当社を知らなかった方やクラフトビールに馴染みのなかった方にも気軽に楽しんでいただきたい思っています。

■ 7月17日「セレッソバル」初営業!サッカーの1チーム11人制にちなみ22個のタップからチームゆかりのビールを
 「ビアサーバーカー」のサーバーはオーダーメイドで仕上げており、タップ数は22タップ。これはサッカーの1チーム11人に由来しており、1列はセレッソ大阪の11人=11タップ、2列目は対戦相手チーム11人=11タップをイメージしています。北海道から沖縄まで、国内180ケ所以上のマイクロブルワリーからビールを取り寄せている強みをいかし、試合時には大阪のビール(Derailleur Brew Works)と、対戦チームの都道府県にあるブルワリーのビールを繋ぎます。初営業はセレッソ大阪のホームゲーム時に開催されるフードパーク「セレッソバル」(長居公園内)で、 7月17日(土)16:30から出店いたします。当日はセレッソ大阪チームカラー「桜」にちなんだセレッソ大阪公式プレミアムビール「MALICIA COSY PEACH ON THE PITCH」(セレッソバル限定)を提供。桃や、プラムを思わせる濃厚なフルーツアロマにセゾン酵母由来のスパイシーさ、麹のほのかな甘い香りをプラスした、重厚で複雑な香りが特徴です。ビールだけでなく、「エビカツサンド」 「ジーパイ」 「くるくるポテト」など、ビールに合うメニューも計5種類提供いたします。今後もセレッソ大阪ホームゲーム時には毎回出店いたします。※コロナウイルス感染状況により無観客試合や集客制限により出店がなくなる場合があります


【今後の当社の予定】
・大阪・京都に次ぐ新店舗、福岡・天神に西日本最大級の70タップのビアサーバーを持つ「スタンドうみねこ yoca」出店(7月28日)
・清涼飲料水の許可を取得予定でタップからソフトドリンクの提供も実現

ぜひ、貴社媒体でお取り扱い頂きますようお願い申し上げます。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さいませ。

◆お問合せ先

●取材に関するお問い合わせ●
株式会社シクロ 担当:藤井 TEL:050-3757-6980 E-mail: umineko.shinsaibashi@gmail.com

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
【848.35 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記