2021年07月30日

京都洛柿庵が子供たちや若い世代へ向けた新シリーズを開発。「京都市動物園サポーター」グッズとしてデビュー!

株式会社ルシエール・ジャパン

京都洛柿庵(本社:株式会社ルシエール・ジャパン 京都市西京区 代表:村田憲彦)は、2021年7月30日より京都市動物園とのコラボレーションによる新ブランド「PAWPAW DESIGN(パウパウデザイン) × 京都市動物園」を販売します。
商品ラインアップはトートバッグ、ミニタオル、Tシャツでいずれもコットンを使用、麻製品の製造販売を専門に行ってきた京都洛柿庵にとっては新たな取り組みとなります。京都市動物園の人気者・ゴリラをはじめ、愛らしい動物たちのイラストを新たに描き起こし、小さなお子様から親御さん世代まで幅広い層に訴求するデザインに仕上げました。

main image

京都市動物園×PAWPAW DESIGN コラボレーション商品


■PAWPAW の実に託した、子供たちへの想い
「PAWPAW」は北米原産の温帯果樹の名前で、とても甘く強い香りが特徴の実をつけます。無農薬で栽培でき寒さにも強い。大きい粒も小さな粒もあって不揃いだけどしっかり完熟する。そんな果実のイメージを、逞しく個性豊かに自立する子供たちの姿に重ね合わせ、新ブランドの名称にしました。「未来の子供たちに残したい自然や生き物」などをテーマにした楽しく元気なデザインで、環境に優しい天然素材のコットンやリサイクル糸などを使ったアイテムを発信していきます。

■京都市動物園×PAWPAW DESIGN
明治36年(1903年)4月、東京の上野動物園に次いで日本で2番目に開園した京都市動物園。100年余りにわたって愛され続けるこの施設もコロナ禍の影響を受けています。京都洛柿庵ではPAWPAW DESIGNプロジェクトのスタートを地元京都の活性化に協力するべく、「京都市動物園を応援しよう!」をテーマに、商品の売り上げの一部を動物園に寄付する京都市動物園サポーター商品として発表します。
今回発売する商品は、認定を受けた公式コラボレーション商品。京都市動物園のロゴが入っています。この商品の売上の一部は京都市動物園で暮らす動物たちのエサ代や、動物舎等の施設整備に寄付いたします。

■環境のため、子供たちのためSDGsへの貢献を強く識。サスティナブルな素材・麻製品のメーカーとしてできること。
麻は、水も農薬、化学肥料も少量で育つ丈夫な植物で、生分解性の高い天然素材。この環境にやさしい麻を用いて和雑貨を製造してきた当社は、今回の取り組みでも、動物たちのプリントに用いる染料(インク)は有害な成分を含んでいないことを証明した「エコパスポート」認証済、プラスチック素材の廃棄減に貢献するパウチインクを採用したプリンターを導入、縫製には古着から生まれたリサイクル糸を用いるなど、SDGsへの貢献を意識し、環境に配慮した製品づくりにつとめます。

ご購入先着100名様にオリジナル巾着プレゼント!(※種類はお選びいただけません)

【データ】
商品名:京都市動物園×PAWPAW DESIGN
発売日:2021年7月30日(金)京都洛柿庵オンラインショップにて販売。

【オンラインショップ】
https://shop-kyoto-rakushian.com

◆お問合せ先

会社名:ルシエール・ジャパン
担当者:佐保省二
TEL:075-394-0230
MAIL:[email protected]

◆プレスリリース画像
file3_title
トートバッグ「レッサーパンダ」
file4_title
トートバッグ「ナマケモノ」
file5_title
トートバッグ「ニシゴリラ」
file6_title
ミニトート
file7_title
ミニタオル
file8_title
Tシャツ「キリン」
file9_title
◆プレスリリースPDF
【751.74 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記