2021年10月06日

農林漁業の6次産業化を支援、所得向上・地域活性化・SDGsを目指す全国初の試み
食品加工メーカー13社が団結!「NPO法人農産物加工協会」
商品化第1号は採卵を終えた親鳥を使った、オール京都食材の「おでん」と「ぞうすい」

= メディア発表会のご案内=
開催日時 : 10月14日(木)11:00~12:00(受付開始:10:30)
開催場所 : 大阪商工会議所(大阪府大阪市中央区本町橋2-8) 6階「末広の間」
登 壇 者 : NPO法人農産物加工協会 代表理事 川西 修(幸南食糧株式会社 会⾧)
     理事 川西 孝彦(幸南食糧株式会社 代表取締役社⾧)
     有限会社みずほファーム 代表取締役社⾧ 桑山 直希など

幸南食糧株式会社

「おくさま印」のブランドで米の卸・販売業を全国に展開する幸南食糧株式会社(本社:大阪府松原市、代表取締役社⾧:川西 孝彦)は2021年7月16日(金)、農作物の加工・流通を支援する「NPO法人農産物加工協会」(所在地:大阪市阿倍野区)を設立いたしました。この度、10月14日(木)にメディア発表会を開催し、同協会の設立目的、活動内容、生産者会員第一号となる「みずほファーム」(所在地:京都府船井郡)の取り組みをご紹介いたします。

「大阪難波葱普及委員会」との取り組み

■農林漁業の6次産業化を支援する全国初のNPO法人を設立、全国13社の食品メーカーが団結!
当社は2018年8月に「地域活性化研究所」を設立し、これまでに全国の米農家200件以上の6次産業化を行ってきました。6次産業化とは、生産者が「1次産業としての農林漁業」×「2次産業としての製造業」×「3次産業としての小売業」の事業を一括で行うことです。地域資源を活用し、新たな付加価値を生み出し販売することで生産者の所得向上や雇用確保が実現し、地域活性化やSDGsの課題解決を目指しています。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外食産業の需要が減り農作物の価格が下がるなど、生産者を取り巻く状況は一層厳しさを増しています。6次産業化を支援した米農家から、他の農作物の生産者を紹介されましたが、当社ではノウハウがないため断らざるを得ませんでした。この状況を打破しようと、全国の食品加工メーカー13社が団結し、農林漁業の6次産業化を支援する、全国初の取り組みとなる「NPO法人農産物加工協会」を2021年7月16日(金)に設立いたしました。当協会が、6次産業化に関する生産者の相談プラットフォームの役割を担い、加工メーカーの紹介、商品の企画開発、販路開拓やプロモーションまで一連のサポートを行います。大阪府をはじめ全国の地方行政や観光業界との協働、大学・高校などの教育機関との産学連携も進めてまいります。

■代表理事・川西修あいさつ
食の多様化、少子高齢化などにより需要と供給のバランスが崩れ、生産者の課題が表面化しています。災害などの事情により、収量が安定せず、所得が安定しません。その結果、若い人が興味を持てず、担い手不足がおき、就農者が深刻な状況にあります。当協会が農林漁業の6次産業化を推し進めることで、農業生産者などの第一次産業従事者の生活基盤の向上、安定と持続可能なスキームを達成し、未来の農業を活性化、発展持続の一翼を担いたいと考えます。優れた加工技術を提案し、生産者の想いを具現化し、生産者の所得向上ができるように支援してまいります。

■NPO法人農産物加工協会参画企業一覧
現在、全国13社の食品加工メーカーが参画しています。今後、食品加工メーカー20社、賛助会員(資材メーカー・原料加工会社など)20社、生産者会員100件、年間案件数100件を目指しています。
 農産物加工協会参画企業/ カテゴリー / 対応可能原料 / 所在地
① 幸南食糧株式会社/米飯レトルト/玄米/大阪府松原市三宅西5丁目751番地
② 株式会社米匠庵/セットアップ/精米/大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋あべのハルカス29階
③ 株式会社ミールファーム/果樹加工/果樹/大阪府和泉市阪本町299の3
④ 株式会社ココアグリ/水耕栽培/野菜/徳島県小松島市田野町本村342
⑤ 株式会社ジェイ・ファーム/嗜好品/果樹・穀物/大阪府大阪市北区豊崎2丁目525
⑥ 八戸缶詰株式会社/瓶詰・缶詰/農水産物全般/青森県八戸市白銀町三島下92
⑦ 株式会社川京フーズ/調理/農水産物全般/兵庫県西宮市山口町下山口5丁目15番10号
⑧ 株式会社TOKYO ONIGIRI LABO/惣菜加工/農水産物全般/東京都江戸川区篠崎町7-11-1-1F
⑨ 株式会社丸光/ペースト/果樹・野菜/大阪府茨木市宮島1丁目2-1
⑩ 株式会社SOL JAPAN/水産加工/水産物/島根県松江市宍道町東来待443
⑪ ㈱パンドラファームグループ/FD加工/果樹・野菜/奈良県五條市野原中4丁目5番27号
⑫ 株式会社SORTE/瓶詰/野菜/大阪府和泉市一条院町141₋12
⑬ 株式会社百年生物化学研究所/焙煎/穀物/福岡県宮若市稲光271-2

■生産者会員第一号となる「みずほファーム」について
京丹後の豊かな自然環境の中で、「健康な鶏がおいしい卵を産む」を信条に採卵養鶏場を営んでいます。当協会の生産者会員第一号で、現在、採卵の役目を終えた親鳥の有効活用した「おでん」と「ぞうすい」の商品化を取り組んでいます。若鶏を比べると硬めの肉を京風出汁でじっくり煮込み、京都産の九条ネギや冬瓜、ホワイトコーン、ナスなど、オール京都の食材を使っています。来春、販売を開始する予定です。

■NPO法人農産物加工協会概要
名 称 : NPO法人農産物加工協会
設 立 : 2021年7月16日(金)
役 員 : 代表理事 川西 修(幸南食糧株式会社 会⾧)
     副理事  内藤 秀光(株式会社ココアグリ 代表取締役社⾧)
          片桐 慶一(株式会社ミールファーム 代表取締役社⾧)
     事務局⾧ 滝北 由子(国際交流倶楽部GAIA ディレクター)
所在地 : 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス29階
電話番号 : 06-6627-2900

メディア発表会概要
■日 時 : 10月14日(木)11:00~12:00(受付開始:10:30)
■場 所 : 大阪商工会議所(大阪府大阪市中央区本町橋2-8) 6階「末広の間」
■登壇者 : NPO法人農産物加工協会 代表理事 川西 修(幸南食糧株式会社会⾧)
      副理事 内藤 秀光(株式会社ココアグリ 代表取締役社⾧)
      副理事 片桐 慶一(株式会社ミールファーム 代表取締役社⾧)
      理事  川西 孝彦(幸南食糧株式会社 代表取締役社⾧)
      有限会社みずほファーム 代表取締役社⾧ 桑山 直希
■内 容 : NPO法人農産物加工協会 代表理事 川西 修(幸南食糧株式会社 会⾧)よりご挨拶
      NPO法人農産物加工協会 理事 川西 孝彦(幸南食糧株式会社 社⾧)よりご説明
      大阪府流通対策室より応援コメントの紹介
      有限会社みずほファーム 代表取締役社⾧ 桑山 直希よりご挨拶と商品開発のご説明
      質疑応答、フォトセッション、参画企業が携わった6次産業化商品の展示とご紹介など
※発表会は後日YouTubeで配信を予定しています。ご希望のメディア様はURLをお送りいたしますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

是非、貴社媒体での掲載のご検討をお願い申し上げます。ご不明な点がございましたらお気軽にお尋ねくださいませ。

◆お問合せ先

『幸南食糧株式会社』広報事務局
担 当 : 岡本
T E L : 06-4708-3766
EMAIL : [email protected]

◆プレスリリース画像
file2_title thumb
地元高校と産学連携で商品開発
file3_title thumb
代表理事・川西 修
file4_title thumb
「みずほファーム」桑山社⾧
file5_title thumb
メディア発表会参加申込書
◆プレスリリースPDF
【1.18 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記