2021年11月25日

福島県の復興を目的に、ホテル観光学科生が期間限定のカフェを梅田にオープン
今年で11回目を迎える官学協働プロジェクト「カフェ・ラポール」

2021年12月3日(金)~ 5日(日) 3日間限定

学校法人 山口学園 ECC国際外語専門学校 ホテルコース

ECC国際外語専門学校(大阪市北区 学校長:瀧山 淳一)ホテル・観光学科ホテルコース生が企画・運営するカフェ「Café Rapport カフェ・ラポール」を、12月3日~5日に期間限定で開催いたします。東北地方太平洋沖地震で被災した福島県の復興支援を目的に始めた同カフェは、今年で11回目。これまで、9,256名が来店し、663万5,087円を福島県に寄附しております。

11代目カフェ・ラポールスタッフ

≪イベント概要≫
在学期間に学んだ接客技術でお客様をお迎えし、一杯一杯丁寧にドリップしたコーヒーを提供いたします。カフェの売上げは、災害復興支援金として福島県へ寄附します。カフェには「ふくしま銘産品市」を併設し、学生が選んだ福島銘菓や日本酒、りんごやお米を販売。福島県産品の安全性と美味しさをPRします。未来のホテリエが創り出す、心温まる「つながり(Rapport)」の空間をご体感ください。

11代目総支配人・永野菜々子
東日本大震災より10年、私達の活動も11回目となりました。昨年に引き続き、今年もコロナ禍での営業となりますが、昨年、手探りながらも奇跡的に営業を実現した先輩方のおかげで、私達11代目が在ります。今年は、大阪から福島県の復興に力を注ぐ企業様との出会いをきっかけに、多くの新商品が誕生いたしました。福島県と共に、ひとつ、ひとつ、進化する「カフェ・ラポール」で、是非、心温まるひと時をお過ごしくださいませ。皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げております。


「アバターロボット」で距離や時間の制限を超えて「カフェ・ラポールから福島県へ」!?
カフェ・ラポールの待合室で「福島県」を旅しよう!福島県の観光施設に設置されたアバターロボット「new me」を、カフェ・ラポール待合室のパソコンから操作。見て、話して、歩き回ることができる瞬間移動サービスのデモンストレーションです!コロナ禍が生んだ、新しい観光スタイルを、ご体験ください。

日時:2021年12月5日(土)&6日(日) 12:00~15:00
場所:ECC国際外語専門学校9階カフェ・ラポール待合室内

* 当日のネット環境により、使用できない場合もございます。取材をご希望の場合は、あらかじめ、ご連絡をお願いいたします。



イベント名: 「Café Rapport カフェ・ラポール」
イベント期間: 2021年12月3日(金)~ 5日(日) 11:00~17:00 3日間限定
主催団体: 学校法人山口学園 ECC国際外語専門学校
ホテル観光学科ホテルコース2年・海外インターンシップコースホテル専攻3年
場所: 大阪府大阪市北区中崎西2-1-6 ECC国際外語専門学校9階ホテル実習室
イベントURL:  https://kokusai.ecc.ac.jp/event/cafe/

イベント協賛:(順不同)
白ハト食品工業株式会社「らぽっぽファーム」
株式会社コドモインターナショナル「Café Amazon」
大阪市北区役所
大阪市北区社会福祉協議会
公益財団法人日本ケアフィット共育機構
株式会社和風空間
大阪市北区中崎町
福島県


「学園祭」ではありません。「サービスラーニング」です。
本イベントは、1日だけの単なる「学園祭」ではありません。学生が、社会貢献活動を通して、社会問題に取り組み、学び、成長する教育法「サービスラーニング」をベースとし、学生が、約6ヶ月間かけて取り組む、社会教育活動です。

この活動は、学生たちが「ECC Hotel International」という架空のホテルに属するスタッフとなり、それぞれの部署や役職に配置されることからスタートします。企画から運営まで、全て学生主導です。活動のリーダーとなる「総支配人」やお金の管理をする「経理部」、また、活動をPRする「営業部」等、それぞれの地位を実体験し、他部署との協働、学外での交流や商談・連携を通し、仕事に対する責任感やコミュニケーション力の育成目指します。また、ホテルコース在学中に学んだ専門スキルが、誰かの力になる事を知ることから、自尊感情や自身の社会的役割を理解し、卒業後の進路へ活かして欲しいと願っています。

◆お問合せ先

会社名:学校法人 山口学園 ECC国際外語専門学校 ホテルコース
担当者:ホテルコース担任 新谷優貴子
TEL:0663111446
MAIL:[email protected]

◆プレスリリース画像
file2_title thumb
11代目学生代表「総支配人」永野菜々子
file3_title thumb
学生考案!福島県産品を使用したオリジナルカクテル
file4_title thumb
シェイカーを振るパフォーマンスも!
file5_title thumb
白ハト食品工業「らぽっぽファーム」福島県楢葉町の柚子を使ったスイーツや楢葉中学校の学生と共同開発商品も販売します。
file6_title thumb
福島研修「白はとファーム」にて、福島県の自然を満喫しました!
file7_title thumb
福島研修「東日本大震災原子力災害伝承館」にて。
file8_title thumb
今年9月に震災遺構となった「請戸小学校」を視察。同年代で震災を体験した方がいたことを知り、涙も。ぐっと、震災を近く感じたようです。
file9_title thumb
福島研修「五感で感じた福島の今を大阪で発信します」
file10_title thumb
本番の様子
file11_title thumb
◆Youtube動画

コロナに翻弄された10代目の活動 最終話 奇跡の一日

◆プレスリリースPDF
【1.11 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記