2016年02月23日

関西初! 宿泊者専用の路面店型カフェ併設の
スタイリッシュ・カプセルホテル
「シェルネルなんば」が、大阪なんばに4月オープン。


旅行会社「ホワイト・ベアーファミリー」による、女性をメインターゲットにした新ブランド開発。大阪地区ホテル出店計画の1号店としてスタート。
3月30日14時~内覧会実施予定。

株式会社ホワイト・ベアーファミリー

女性にも安心して利用いただけるスタイリッシュカプセルホテルが4月9日大阪なんばにオープンします。
株式会社ホワイト・ベアーファミリーは、今後も大阪を中心に様々なタイプのホテル開発を進めます。

シェルネル なんば ロゴ

シェルネル なんば ロゴ

株式会社ホワイト・ベアーファミリー(本社大阪市北区 代表取締役 近藤康生)は2016年4月大阪なんばにカプセルホテル新ブランドの1号店として、「シェルネルなんば」をオープンいたします。

「シェルネルなんば」は地下鉄なんば駅、日本橋駅から徒歩約6分、海外からの旅行客でにぎわう、なんば・道頓堀・黒門市場・でんでんタウン等も徒歩圏内の好立地。堺筋通りに面したオフィスビルの1階と2階部分で営業します。

1泊の宿泊料金は3800円からと格安ながら、最新式の不燃パネル構造カプセル、防炎・羽毛仕様の寝具、男女エリア別ICキーロック、大型スーツケース用トランクルーム、独自の技術でウィルスを不活化する空気清浄器「マジックボール」の設置(共有部)、など様々な安全性と快適性を提供します。

また、気鋭のコミック・アーティスト横山祐一氏による壁画が印象的な併設のカフェは、宿泊者専用。朝食は自分でホットサンドも作れるTHE SANDWITCH BARを、夜は軽いおつまみとアルコールをお楽しみいただけるTHE BARを営業します。朝食で使用するパンは 地元、黒門市場の人気ベーカリー「ブーランジェリーコック」のこだわりパン・ド・ミを予定しています。
シェルネルの名前の由来はシェル(貝殻)の様に固く守られた空間で安心してネル(寝る)事が出来る施設であること。貝殻に女の子が寝ているブランド ロゴは、女性にも安心して気軽に利用して欲しいという思いが込められています。

株式会社ホワイト・ベアーファミリーは創立以来35年間の旅行業・観光業の経験を基に、現在ホテル事業も積極的に展開中。
今回のカプセルホテルのオープンに続き、来年以降、温泉付きホテルやビジネスホテルなど様々なタイプのホテルを大阪なんば中心に十数件の開発を計画しています。

「シェルネルなんば」の概要は以下の通りです。

名称 : シェルネルなんば (Shell*Nell Namba)
住所 : 〒542-0073 大阪市中央区日本橋2-9-16日本橋センタービル
電話 : 06-6633-5170
開業 : 2016年4月9日予定 (予約受付中)
規模 : 628.9㎡
客室数: カプセル総数96  (1階男性用56  2階女性用40)
施設  :宿泊カプセル・シャワーブース・ロッカー・ドレッシングルーム・トランクルーム・カフェ
サービス:無線インターネット接続・無料お荷物預・5種類から選べるシャンプーバー(女性のみ)
ホームページ: http://www.shell-nell.com

株式会社ホワイト・ベアーファミリー
本社   : 大阪市北区豊崎3-14-9 WBFビル
創立  : 1981年
従業員数 : 305名(グループ全体)
売上  : 136億円

インターネットを使った旅行商品の企画・販売 自社ホームページ及びポータルサイトによるパッケージツアーの販売が中心の旅行会社。旅行業を中心にホテル・レンタカーなど広く観光業界をネットーク。ホテル事業として、現在、北海道・沖縄にRASSOグループ、函館グランドホテル、琉球温泉瀬長島ホテルなどを系列会社で11施設を運営中。

株式会社ホワイト・ベアーファミリー     http://www.wbf.co.jp
RASSOグループ               http://www.rasso.co.jp

「シェルネルなんば」施設内覧会を3月30日14時~16時に予定しております。
参加ご希望の方は下記お問い合わせ先担当者までご連絡ください。




◆お問合せ先

会社名:株式会社ホワイト・ベアーファミリー
担当者:芦川信哉
TEL:06-7711-7877
MAIL:sashikawa@wbfresort.com

◆プレスリリース画像
シェルネル なんば 外観イメージ
シェルネル なんば 外観イメージ
シェルネル なんば カフェイメージ
シェルネル なんば カフェイメージ
シェルネル なんば カプセル部分イメージ
シェルネル なんば カプセル部分イメージ
◆プレスリリースPDF
【392.06 KB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記