2019年12月09日

西宮花火大会2020〜忘れない、いま私たちにできること〜

震災から25年、防災をテーマにした冬の花火を開催します。

一般社団法人西宮青年会議所

「西宮花火大会2020~忘れない、いま私たちにできること~」を開催します。
1995年1月、阪神淡路大震災が発生し、西宮も大きな被害を受けました。25年の歳月がたった今、当時を知らない世代も増えてきています。本来鎮魂の意味を持つ花火を打ち上げ 、 震災の痛みを忘れないために 、 震災によって中止となり 2018年に復活した西宮の花火大会を2020年2月に開催し、1,146 発の花火を打ち上げます。

「西宮花火大会2020~忘れない、いま私たちにできること~」を開催します。
1995年1月、阪神淡路大震災が発生し、西宮も大きな被害を受けました。25年の歳月がたった今、当時を知らない世代も増えてきています。本来鎮魂の意味を持つ花火を打ち上げ 、 震災の痛みを忘れないために 、 震災によって中止となり 2018年に復活した西宮の花火大会を2020年2月に開催し、1,146 発の花火を打ち上げます。
南海トラフ地震や近年発生している自然災害等、いつ何時大きな災害に見舞われるかは誰にもわかりません。 今回の花火大会を知る市民の方に防災の重要さを学んでいただき、災害に対して備えるための深い知識と意識を醸成する機会として防災に関する展示ブースを設けます。
本事業では、市民の皆様へ西宮で起こった大きな災害を思い出し、防災について学び、備えるメッセージを伝えたいと考えております。

■開催概要
日時:2020 年 2 月 9 日(日)
主催:一般社団法人西宮青年会議所(0798ー33ー1615)
会場:新西宮ヨットハーバー
 西宮市西宮浜4丁目16-1
※詳細は、別添のチラシ、特設HP(http://nishinomiyahanabi.com)、 事業全体スケジュールをご覧下さい

■事業のみどころ
2月9日( 日)15:00~19:30でブースが会場周辺に設置されます。
・防災に関する展示ブース(※防災教育、防災啓発、復興支援などに関するブース)
・飲食ブースも設置されます。

・花火打ち上げ時間:18:00~18:30

◆プレスリリース画像
◆プレスリリースPDF
【1.25 MB】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。
メディア会員新規登録

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記