2021年04月30日

『自給自足』古代にタイムスリップ!こんな時こそ自然の中で農業体験。石器時代から伝わる【日本古来の米作り】を年間通して行います。『すべて手作業』で田植えから除草、除草、稲刈り、はさがけ、脱穀、籾摺り、精米までを体験。
子どもたちのたくましく生きる力を育む「いながわPAL村計画」~第1期生好評募集中~

特定非営利活動法人ピープルアクティブライフ

main image

私たちNPO法人ピープルアクティブライフは2005年より関西を中心に野外活動を通して
子どもたちの「たくましく生きる力」を育む体験活動団体です。

様々な活動を通して
自分を高める力(主体的な学び)【「創造力」「行動力」「回復力」】
人と社会と関わる力(対話的な学び)【「傾聴力」「表現力」】
自分と向き合う力(深い学び)【「思考力」「やり抜く力」】
を子どもたちに身に着けてもらうことに情熱を注いでいます。


ピープルアクティブライフが2021年度よりスタートさせる新たなプロジェクト

「いながわPAL村計画」

子どもたちにとって、自然の中での体験は多くの学びや成長を与えてくれます。
実際に見て、触って、感じて、味わい、テレビや本では体験できないリアルな体験を通して
子どもたちは主体性や、仲間との協調性、自己肯定感が高まります。
これからの社会を生きていく子どもたちに「たくましく生きる力」を育む活動です。

兵庫県猪名川町の雄大な自然の中で子どもたちと一緒に米作りに挑戦します。
泥の中に入り、昔ながらの農耕技術で手を使って苗を植える田植えから始まり
黄金色の稲穂が実ったら、自分たちで鎌を使って稲を刈り、刈り取った稲を棒に掛ける稲架掛け
今は使うことも減った農具を使い脱穀、唐箕、籾すりなどを行い
最後は精米、餅つきを行い、自分たちが育てたお米を食べ、刈り取った稲もしめ縄として利用します。

米作りだけではなく、猪名川町の自然を使ったプログラムとして
川遊びやほたる鑑賞、カブトムシ探しなどを行い自然を全身で感じられるプロジェクトです。

苗から大きく実った稲穂、お米と同じように子どもたちも年間を通して大きく成長してほしいという
願いを込めてピープルアクティブライフのスタッフや学生たちと共に活動をします。
1年間の米作りを通して、人と自然、食、水との結びつきを体験を通して感じ
ピープルアクティブライフの理念である「たくましく生きる力」を育むプロジェクトです。


■活動場所
兵庫県川辺郡猪名川町槻並地区

■活動予定
1日目:5月23日(日) 現地の方との顔合わせ・田植え体験
2日目:8月1日(日) 除草・夏野菜収穫/カブトムシ・ほたる鑑賞
3日目:9月23日(祝木) 稲刈り・稲架掛け
4日目:10月16日(土) 脱穀・唐箕・籾すり
5日目:12月19日(日) 精米・もちつき・しめ縄

※雨天の場合、稲の生育状況により、日程変更の可能性がございます。
ご家族の方もお子様の活動をご自由に見学していただくことができます【駐車スペースあり】

■対象
年長~中学3年生

■参加費
5日間セット55,000円(税込) 

■移動手段
バス移動


ご興味がある方、ご参加を希望される方は下記の事務局・HPよりお問い合わせください。

団体名   特定非営利活動法人ピープルアクティブライフ
設立    2005年7月7日
事業内容  ■体験学習事業■アドベンチャー教育事業
      ■指導者・リーダー養成事業
      ■イベント企画事業■宿泊企画事業
      ■地域活性プログラム事業
      ■人材教育・人材派遣事業■指導者派遣事業
      ■PALCAFE運営
開催実績  宿泊・日帰り活動開催本数:約1,000企画
      延べ参加人数:約30,000人
HP    https://www.pal-smile.com/
事務局   〒530-0033 大阪府大阪市北区池田町3-1 ぷららてんま2階
電話    06-6135-1117
受付時間  10時~18時 
定休日   土日祝は野外活動のため定休日

◆お問合せ先

会社名:特定非営利活動法人ピープルアクティブライフ
担当者:勝村えり
TEL:06-6135-1117
MAIL:[email protected]

◆プレスリリース画像
file2_title
file3_title
file4_title
file5_title
file6_title
◆プレスリリースPDF
【1.91 MB】

アクセスランキング

  • プレスリリースも地産地消へ!
  • 広報部アウトソーシング&サテライト広報部
  • PR会社ラプレ・PRプランナー日記